VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

パナソニックがARナビ「LinkRay ARナビゲーション」の提供を3月より開始!初導入は大阪駅!

パナソニック株式会社は、同社の光ID技術「LinkRay™」を活用して目的地までの道案内をスマートフォン上にAR表示するナビゲーションサービス「LinkRay ARナビゲーション」を2019年3月から提供開始すると発表しました。


「LinkRay ARナビゲーション」とは?

画像はイメージ

GPSを活用した地図アプリやナビゲーションアプリが普及していますが、GPS電波の届かない地下や駅構内などの屋内では利用者の正確な位置を測定できず、目的地までのルート案内ができないことが課題となっていました。

今回提供が開始される「LinkRay ARナビゲーション」は、「LinkRay™」の受信場所を起点とする位置特定の特性を活かして、スマホアプリ利用者の正確な位置を測定し、目的地までのルートをスマホカメラで映した画面上に立体的にAR表示し、視覚的にわかりやすく目的地まで案内することができるナビゲーションシステムです。

ARならではの特徴として、エスカレータや階段やなどの高さの違いなどの立体的な表現が可能で、複数のフロアを経由するルートにも対応します。

本サービスを活用することで、屋内でのサービス向上や業務効率化が期待できます。

サービス概要

本サービスを利用するには「LinkRay ARナビゲーション」を実現するためのSDK(Software Development Kit)をスマホアプリに組み込み、起点から目的地までのARルートを作成します。

このSDKが組み込まれたアプリにより、屋内の起点から目的地までをリアルタイムに案内表示するサービスをユーザーに提供することができます。

また、多言語対応されているため訪日外国人へのインバウンド対策としても活用できます。

今春、大阪駅でARを活用した道案内が可能に!

2019年2月20日、JR西日本とパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、「LinkRay ARナビゲーション」を大阪駅・大阪ステーションシティ向けの「OSAKA UMEDA ARナビ」に国内で初めて導入することを発表しています。

「OSAKA UMEDA ARナビ」概要

対象エリア:大阪駅・大阪ステーションシティ内9箇所を基点にして、梅田エリア主要33施設を目的地に設定

サービス開始予定:2019年3月中旬~末

多言語対応:4ヶ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)に対応予定

対応機種:LinkRayアプリケーション動作確認済み機種

サービスイメージ:

「OSAKA UMEDA ARナビ」は、GPS電波が届かない地下街でも目的地までのルートをスマートフォン上に「動く矢印」としてAR表示することができます。

さらに、アプリを多言語対応することで、国内外の利用者に大阪・梅田エリアの快適な道案内の提供が可能になります。



「LinkRay™」とは

「LinkRay™」は、パナソニック社独自の光ID技術を活用した、これまでにない情報配信システムです。

LED光源とした照明やディスプレイから送信されるID信号をスマートフォンで受信することで、を瞬時に入手できます。

デジタルサイネージや「光ID」送信機能付きのLED照明等から発信された光IDをスマートフォンのカメラで読み取る(専用アプリで撮影)だけで、交通案内や商品情報、さらにはスマホ所有者の言語に応じたコンテンツなど様々な情報を入手することができます。

さらに特徴として次の3つがあります。

>>「LinkRay」公式サイト

まとめ

東京駅や大阪駅などのターミナル駅の乗換えで迷ったり、駅構内での待ち合わせで場所がわからずに困った経験がある方は多いのではないでしょうか。

案内図があっても平面に書かれた地図や矢印だとわかりにくかったり、方向を間違えてしまうことがあります。

「LinkRay ARナビゲーション」では、自分が建物内のどこにいるかを測定してくれ、ARで立体的にしかもリアルタイムでルート案内してくれるところが画期的です。

1つの光IDにつき30言語もコンテンツ登録が可能ということなので、2020年に向け様々な場所での導入が期待されますね。

ソース:LinkRay ARナビゲーションプレスリリース[パナソニック株式会社]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む