VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

5Gによる高速通信!HTCがポータブル5Gルーター「HTC 5G Hub」を発表!

2019/03/03 22:00

次世代の高速通信規格である5Gですが、今後VRコンテンツの通信においても5Gが主力になっていきそうです。

HTCは先日、5G通信に対応した独自のモバイルルーター「HTC 5G Hub」を発表、日本での発売は未定ですが、大容量の動画やコンテンツのダウンロードがよりスムーズに行えます。


HTCが独自の5Gモバイルルーター「HTC 5G Hub」を発表

2019年2月25日(月)からバルセロナにて、携帯電話関連カンファレンスのモバイルワールドコングレスが開催されましたが、同イベントにてHTC 5G Hubの初披露が行われました。

HTC 5G Hubは4Kの高画質動画のストリーミングや、低遅延が求められるゲーミング、もしくは複数のデバイスを共有してのミーティングや研修など、様々な場面でのユースケースを想定しています。

5G環境をワイヤレスで使える

360度動画などのVRコンテンツは大容量になる場合が多く、ダウンロードに時間がかかったりストリーミングが途中で止まったり、画質が下がるといった経験をした方は多いと思います。

また、マルチプレイのゲームなどでも大容量のデータ通信が必要になり、高速通信回線の5Gのニーズは今後ますます高まっていきそうです。

HTC 5G Hubはケーブル無しのワイヤレス環境で5G回線を使えるモバイルルーターで、4K映像や高画質なコンテンツを、ディスプレイやVRヘッドセットなどの外部端末に、画質の低下や遅延のない状態でスムーズに映し出します。

同デバイスはVRにも対応しており、例えば「Vive Focus」などの一体型VRヘッドセットにコンテンツをストリーミングする際も、PCやケーブル接続などは必要なく、コンテンツのダウンロードを素早く行うことが出来ます。

ワイヤレスなので様々な場所で使用することが可能で、家庭や職場、外出先などの様々な場面で手軽に使用できます。

ビジネスシーンでも活用可能、音声操作にも対応

HTC 5G Hubは5インチのタッチスクリーンを搭載しているので通信状態の確認がしやすく、また音声スピーカーを搭載しているので、音声操作によって端末への接続が行えます。

また、ビジネス活用できる機能として、最大で20台の端末を5G回線で同時接続できることが挙げられます。例えば、大人数が集まる研修などで複数の一体型VRヘッドセットを使用する場合など、コンテンツの共有がしやすくなります。

大容量のバッテリーを搭載しているとのことで、車中や電車での移動時などにも活用できそうです。また、企業での使用時には自社のVPNに対応させられるなどの拡張機能も備えています。

HTC 5G Hubには、クアルコムの次世代スマホ向けプロセッサのSnapdragon 855を採用しており、またOSはAndroidの最新版、Android 9.0 Pieを使用しています。



HTC 5G Hubは2019年夏発売!日本での販売は未定

HTCによると、2019年第2四半期(7~9月)からHTC 5G Hubの販売を一部地域で開始する予定とのことです。

現在のところ、米国のスプリントやドイツのテレコム、また英国のEEやスイスのElisaなどの通信事業者が販売企業に挙がっていますが、日本での販売予定は未定となっています。

ですが、HTCの日本支社からもデバイスの発表がされていることから、今後日本でもHTC 5G Hubが発売される可能性もあり、続報に注目されます。

HTC 5G Hubスペック

HTC 5G Hubのスペックは以下の通りです。

ディスプレイ:5.0インチのHD画質、タッチスクリーン搭載(720×1280ピクセル)

CPU:クアルコム Snapdragon 855、Snapdragon X50 5Gモデム

接続:Bluetooth 5.0 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ad、20のWi-Fi接続

サイズ:129mm(長さ) x 100mm(幅) x 43mm(端)

バッテリー:容量:7,660 mAh、DC charging (12V/2.5A)、USB-C (QC 3.0 & PD 9V/2A)

重量:340グラム

プラットフォーム:Android 9.0、HTC Sense搭載

メモリー:RAM:4GB、ROM:32GB、拡張メモリ:microSD (最大512GB)、Flex Storage

センサー:モーションG-Sensor

 まとめ

先日のモバイルワールドコングレスにて、HTCが5Gモバイルルーター「HTC 5G Hub」を発表しました。

これはワイヤレスのルーターであるため様々な場所で5G回線を利用できて、最大20台のデバイスを同時接続できるなど、家庭からビジネスまで様々な用途に対応しています。

また、操作はタッチスクリーンの他、音声コマンドにも対応しているので音声による直感的な操作ができる点も画期的です。

現時点では日本での発売予定は未定ですが、今後様々な場面で5Gの高速通信が必要になってくる昨今、HTC 5G Hubが日本でも発売されることが望まれます。

参考サイト:VRScout









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む