VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRで転生体験もできる!大阪・東京で「転生したらスライムだった展」開催!

VRで転生体験もできる!大阪・東京で「転生したらスライムだった展」開催!

イメージ

現在TVアニメも放送されているあの大人気小説「転スラ」の世界を体験できるイベント「転生したらスライムだった展」が、2019年3月~4月に大阪・東京の2会場で開催されます。

このイベントにはVRで「転スラ」の世界を体感できる特別コーナーも設置されます。


VRで「転スラ」ワールドを体感!

イメージ

今回開催される「転生したらスライムだった展」は、あの大人気小説・転スラこと「転生したらスライムだった件」の世界を堪能できる展覧会。

2019年3月13日(水)~3月25日(月)には大阪、2019年3月27日(水)~4月9日(火)には東京で開催されます。

コンセプトは「異世界(テンペスト)への異世界旅行」で、会場内には

・アニメ登場キャラクターを紹介するコーナー

・原作漫画・小説の貴重なイラストや資料展示

・多数のフォトスポット

などの「転スラ」の世界を堪能できるいろいろなコーナーが設置されています。

「転生したらスライムだった展」では特別コーナーとして「VR体験コーナー」も設置されており、

・主人公「リムル」が転生するシーン

・リムルと巨大竜「ヴェルドラ」が出会うシーン

さらにはあの名シーンがVR映像で体験できます。

それだけでなくミニゲームも用意されており、VRを通して「転スラ」の世界を遊びつくすコーナーになっています。

なお、利用には当日会場内で販売される「VR映像体験チケット」を購入する必要があります。

イメージ

v-storage.bnarts.jp/sp-site/ten-sura/より引用

注意事項などは公式サイトでご確認ください。

イベントでは他の展示企画などが目白押し!

「転生したらスライムだった展」では、

・迎賓館

・観光案内所

・フォトスポット

・展示コーナー

・グッズ販売コーナー

の5つのエリアが設置されています。

観光案内所ではキャラたちや舞台となっている王国の歴史紹介が、展示コーナーではアニメの原画や原作の設定資料などの展示が、グッズ販売コーナーでは描き下ろしイラストを使用した展覧会オリジナルグッズの販売が行われたりと、「転スラ」の世界を存分に楽しめるイベントになっています。



「転生しらたスライムだった展」開催概要

【大阪会場】

開催期間:2019年3月13日(水)~3月25日(月)

時間:午前10時~午後8時30分(入場は閉場の30分前まで) ※最終日午後6時閉場

会場:大丸心斎橋店 北館14階イベントホール(大阪市中央区心斎橋筋1-7-1)

【東京会場】

開催期間:2019年3月27日(水)~4月9日(火)

時間:午前10時~午後8時(入場は閉場の30分前まで) ※最終日午後5時閉場

会場:松屋銀座8階イベントスクエア(東京都中央区銀座3-6-1)

公式サイト

「転生したらスライムだった件」とは

「転生したらスライムだった件」は伏瀬・著の小説。通称「転スラ」と呼ばれています。

小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年から連載されており、その後マンガやラノベなどの書籍化、2018年10月からはTVアニメも放送されています。

現代日本で通り魔に刺されて死んだ主人公が異世界でスライムとして生まれ変わることを発端に展開されていく物語で、異世界のモンスターや人間たちとの交流・戦いを描いた作品となっています。

まとめ

あの「転スラ」の世界をおもいっきり楽しめるイベント「転生したらスライムだった展」が東京・大阪で開催されることになりました。

原画・資料などの展示などが行われますが、目玉とも言えるのは特設された「VRコーナー」でTVアニメ1話でも放送された、リムルの転生から巨大竜「ヴェルドラ」との出会いまでを体験することができます。

原作ファンだけでなくアニメファンまでもが存分に楽しめるこのイベント、アニメを毎週かかさず観ている筆者としてもとても楽しみです。

参考:転生したらスライムだった展公式サイト








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む