VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARを使って3Dキャラと一緒に写真撮影!ARカメラアプリ「Vismuth」リリース

株式会社GATARIのクリエイティブチームMonolabは、ユーザーが持っているVRMアバターと現実を重ね合わせて写真が撮れるiOS/Android向けARカメラアプリ「Vismuth」を、2019年3月4日(月)より配信開始したことを発表しました。


「Vismuth」とは

「Vismuth」とは、VRMモデルを現実と重ね合わせて写真を撮ることができる、iOS/Android向けのARカメラアプリです。

・VRM

・VRoid Hub

に対応しており、デフォルトのモデルに加え、自作のVRMモデルや許可されたVRoid Hubのモデルと一緒に撮影可能です。

モデルの影やエフェクト効果などにより、キャラクターがあたかも現実世界にいるかのような実在感のある写真を撮ることができます。

※「VRM」・・・VRアプリケーション向けの人型3Dモデルデータ用ファイルフォーマット

※「VRoid Hub」・・・ピクシブ株式会社が提供する、作成した3Dモデルの投稿・共有プラットフォーム

「Vismuth」でできること

「Vismuth」では主に以下の3つのことができます。

モデルデータの管理

ユーザーは

・用意されたデフォルトのモデル

・自身で所持しているVRMモデル

を専用サーバーにアップロードして管理します。

さらにPixiv IDでログインすると、VRoid Hubでユーザーがアップロードしたモデルや、他ユーザーがアップロードしたモデルをアプリ内で使用することも可能です。

撮影

撮影は、

・モデルを「配置」

・用意された数十種類の中から好みの「ポージングを選択」

・スライダーによって「表情を調整して選択」

・エフェクト「撮影」

の4つのステップで行うことができ、好みのモデルを好みのポーズ・表情で撮影できます。

写真をより魅力的にみせる機能

「Vismuth」には

・カラーグレーディングのプリセット

・特殊エフェクト

が搭載されており、それらをうまく適用することで、よりストーリーに富んだ魅力的な写真になります。





「Vismuth」アプリ概要

アプリ名:Vismuth

配信日:2019年3月4日(月)

価格:プレイ無料(アイテム課金型)

対応機種

【iOS】
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPad Pro(すべてのモデル)
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)

【Android】
ARCore対応端末

ダウンロードiOS / Android

公式ホームページVismuth

まとめ

今回リリースされた「Vismuth」では、3Dアバターを活用して素敵な写真を撮ることができます。

元の素材に色を付け足したり特殊な加工を施すことで、モデルが現実と馴染んで、全体の色彩や印象がよりリアルに魅力的に表現されます。

だれでも無料で簡単に使えるカメラアプリ、まずは気軽に試してみるのがいいですね。

ソース:「Vismuth」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む