VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで感覚的にスキルを取得!法人向けVR教育ソリューション「EQUIPX」が登場

イメージ

2018年創業のベンチャー企業で、VR及びAR技術を用いたコンテンツの企画~設計・開発・運用までを手掛けているイクスアール株式会社は2019年3月5日(火)、感覚的にスキルを習得することが可能な法人向けVR教育ソリューション「EQUIPX(イークイップス)」を、同日よりリリースしたことを発表しました。


「EQUIPX(イークイップス)」とは

「EQUIPX」は作業スキルの習得が必要な時に指導者不在でも、また場所や時間の制約も受けるこなく感覚的に作業スキルを学ぶことができる法人向けVR教育ソリューション。

このソリューションでは技術指導者の作業から

・視覚

・触覚

・聴覚

の3感をデータ化して再生することにより、VRデバイスを装着したスキル未習得者に体験させることが可能です。

イメージ

研修での事前教育などに最適で感覚的に技術を学ぶことができるだけでなく、実作業への理解力が高まるようなシステムになっています。

これより

・工程のレクチャー時間

・実践指導や作業に慣れるまでの教育時間

の短縮が見込まれます。

なお、価格は内容や仕様によって変動しますが、200万円~となっています。

「EQUIPX」の特徴

このシステムの特徴は技術指導者がいない状況でも、場所や時間といった制限もなく学べるという点で、以下の3つが挙げられます。

指導の一元化:複数人による異なる指導から、ひとりの指導者による一元化指導が可能

教育時間削減:複数人の同時指導、教育時間の短縮により、教育にかかる人件費削減が可能

教育スペース削減:教育場所の準備・移動することなく、教育を受けることが可能

イメージ



システム第1弾は食品加工教育!

このソリューションの第1弾として、食品加工教育システム「EQUIPX COOK」が開発されています。

このシステムでは

・鮮魚店

・寿司屋

・スーパー

などでお馴染みの、両手を使った複雑な作業である「魚をさばく」作業を学ぶことができます。

一見難しく見えるこの作業もこのシステムを使うことにより、VR空間で技術指導者の視覚・触覚・聴覚を共有することで実際に自分で魚をさばいているかのような体験をすることが可能です。

イメージ

システム開発の背景

今回のVR教育ソリューション開発の背景には、現在社会問題となっている深刻な人材不足があります。

帝国データバンクの調査(人手不足に対する企業の動向調査 2018年4月)によれば、全業種における正社員不足は49.2%となっています。

その人材不足による課題解決として、教育が困難と言われる感覚的スキルの習得を新人スタッフ1人でも時間や場所の制約なしに学習可能な教育システムが開発されました。

これまでにVRを活用した教育システムは多数出ていますが、動画だけでなく触覚情報(触覚の記録・再生装置)も組み込まれたVRスタッフ教育システムは、世界的にも珍しいシステムです。

まとめ

VRで作業スキルを感覚的に学習することが可能な教育ソリューション「EQUIPX」のサービスが開始されました。

技術指導者の視覚や触覚・聴覚をデータ化して再生することで、VRデバイスを装着すれば感覚的にスキルを学ぶことができるというものです。

これであれば技術を指導する人がいなくても、あらかじめ記録しておけばいつでもどこでもスキルを学習することができますね。

人材不足が社会問題となっている今、特に指導ができるようなベテランがいなくて困っている企業に朗報とも言えるでしょう。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む