VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

2つの世界初!Acerの最新WindowsMRヘッドセットが3月15日に発売!

日本エイサー株式会社は、2019年3月7日(木)、世界初の光学部分取り外し可能なモジュラーデザイン、インテグレ‐テッドオーディオを採用したAcer OJO 500 Windows Mixed Realityヘッドセット「AH501」を2019年3月15日(金) より発売を開始することを発表しました。


Acer Windows MRヘッドセット「AH501」とは?

「AH501」は、2019年2月時点において

光学部分取り外し可能なモジュラーデザイン採用

ヘッドセットにインテグレ‐テッドオーディオ採用

という2つの世界初を備えた斬新なWindows MRヘッドセットです。

Acer WMRヘッドセット「AH501」ココが凄い!

「AH501」には

1.世界初!光学部分の取外し・交換可能なモジュラーデザイン

2.世界初!インテグレーテッドオーディオシステム「Sound Pipe」搭載&非密閉型イヤフォンも同梱

3.ダイヤル操作で簡単!自分にぴったりな瞳孔間距離に調整

4.長時間の使用も快適!人間工学に基づいたデザインを採用

5.外部センサー不要!セットアップ時間役10分

6.6自由度対応!上下左右前後の動きに対応しリアルな没入感を実現

という特徴が備えられています。

世界初!光学部分の取外し、交換可能なモジュラーデザイン

「AH501:は光学部分(レンズ部分)が取外し可能なモジュラーデザインとなっており、レンズ部分が取外せるので持ち運びや保管がコンパクトにできます。

ヘッドストラップも取り外しができ、レンズのホコリや顔に触れる部分などの手入れが容易で、清潔に使うことができます。

世界初!インテグレーテッドオーディオシステム「Sound Pipe」搭載&非密閉型イヤフォンも同梱

「AH501」には、VR及びWindows MRヘッドセットとしては初めてとなるインテグレーテッドオーディオシステムが搭載(特許取得済み)されています。

外部の音も聞こえるので周囲の音を意識しながら、同時に没入感を楽しむことができます。

さらに非密閉型のイヤホンも付属しています。

ダイヤル操作で最適な瞳孔間距離に調整可能

「AH501」の瞳孔間距離(IPD)の調整は、ヘッドセットについているダイヤルを操作するだけで簡単に調整ができます。

自分に合った瞳孔間距離に調整できるので、映像のぼやけやゆがみを防ぎ、疲労も軽減するため、より鮮明な映像で快適にVRを楽しむことができます。

人間工学に基づいたデザインで長時間の使用も快適!

「AH501」は人間工学に基づき自然な動きで効率的に使用できるデザインが採用されており、またヘッドストラップは、ハードタイプとソフトタイプを選択することができます。

前頭部のには大きめのくぼみがあり、ソフトタイプのフェイスフォームスポンジとダブルパッドのヘッドバンド、調整用ダイヤルでぴったりフィットさせることができ、長時間でも快適に使用できます。

後頭部には、特大のパッドが採用されておりヘッドセットが安定して正しい位置で簡単に装着できます。

また、使用中に一時中断する時は、ヘッドセットを頭から外すことなくバイザー部分を上げるだけで現実の周囲を見ることができ、フリップアップの際にも、ヘッドセットがずれることがありません。

黒とステラブルーを組み合わせたボディカラーとフロントセンサー部分のシャープな形状で見た目もとてもスタイリッシュです。

外部センサー不要!インサイドアウト方式のトラッキングシステムですぐに楽しめる

「AH501」 は、トラッキングシステムに外部センサーを必要としないインサイドアウト方式が採用されヘッドセットに内蔵されています。

そのため、セットアップ時間が約10分と手軽にMR体験を楽しむことができます。

体の動きに対応する6DOF対応でリアルで高い没入感を実現

「AH501」は体の動きにスムーズ対応できる6DOF(6 Degrees Of Freedom:6自由度)の位置トラッキングで体と頭の細かい動きを敏感にキャッチすることができます。

空間内の移動や視点移動、モーションコントローラーの動きにあわせてMR空間が双方向に反応し、よりリアルな体験が可能となっています。



「AH501」スペック

【ヘッドセット本体】

視野(FOV):100°(ハイブリッドフレネルレンズ)

ディスプレイサイズ:2.89インチ×2

解像度:2,880×1,440 (単眼:1,440×1,440)

PPI (Pixel Per Inch):706

液晶モジュール (LCM):Impulse backlight LCD

リフレッシュレート:60Hz(HDMI 1.4) / 90Hz(HDMI 2.0)

IPD(Interpupillary Distance):54 - 69mm

トラッキングセンサー:ジャイロスコープ、加速度計、磁力計、近接センサー

トラッキングカメラ:B+W VGA カメラ

オーディオ:内蔵ステレオ・スピーカー×2、内蔵マイクロフォン×2、3.5mmヘッドフォン/スピーカー・ジャック×1

ケーブル:HDMI 1.4/2.0 + USB3.0ケーブル(4m)

カラー:ステラブルー

本体サイズ:350(L)×190(W)×178(H)mm(ハードストラップ装着時)

73 (L)×178 (W)×101(H) mm (光学システムのみ)

本体質量:840g(ハードストラップ装着時)

500g(光学システムのみ)

付属品:モーションコントローラー×2/ヘッドフォン×2/ハードストラップ(光学システムに取り付け済み)/単三電池(試供品)×4(モーションコントローラー1個につき2個)/保証書/クイックスタートガイド (ヘッドセット用)/クイックスタートガイド (モーションコントローラー用)

保証期間:1年間センドバック保証

発売予定日:2019年03月15日(金)

想定売価 :オープン

【モーションコントローラー】

電源:単三電池×2

PC接続:Bluetooth®

本体サイズ:154(W)×120(H)×120(L)㎜

本体質量:180g (電池装着時)/130g(電池なし)

【ヘッドフォン】

PC接続:3.5mm オーディオジャック

本体サイズ:185(W)×54(H)×43(L)㎜

本体質量:80g

詳細:製品ページ

まとめ

レンズ部分が取り外しできるという、これまでになかった発想のヘッドセットが登場します。

見ためにごつい印象ですが、エルゴノミックデザインが採用され、フィット感や長時間の使用感は快適になっているようです。

気になる価格ですが、6万円前後となりそうで、既に予約販売を開始しているAmazon、ビックカメラ.comでは税込み59,184円の販売価格となっています。

ソース:Acer WMRヘッドセット「AH501」に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む