VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR空間のテーマパーク「オルタランド」開発中!イラストレーター nocras氏を迎えビジュアル刷新!

VRコンテンツの企画・制作・開発を手掛ける株式会社ハシラスは2019年3月25日(火)、開発中のVRアトラクション「オルタランド」についての最新情報を発表しました。


「オルタランド」とは?

「オルタランド」とは、ハシラス社が現在開発中の施設向けVRアトラクションで、20人以上が同時にVR空間内に入って楽しめるものです。

2018年9月に開催された「東京ゲームショウ2018」にデモ出展し、好評を博しました。

現在では、プロジェクトにコンセプトアーティストとしてイラストレーター/デザイナーのnocras氏を迎え、グラフィックやアトラクションが東京ゲームショウ2018に出展されたバージョンから全面刷新されて開発が進められています。

「オルタランド」コンテンツ内容

オルタランドの空間イメージ

「オルタランド」は、広いスペースを複数人が自由に動き回れるVR(フリーロームVR)です。

VR空間内はバーチャルなテーマパークになっていて、他のプレイヤーらと一緒に歩き回って交流することができます。

乗り物に乗ることで、遠方に見える建物や、空中に浮かぶ島などに⾏くことができるほか、多くのアトラクションが存在し、VRゴーグルを都度付け外しすることなく楽しめます。

また、ランド内に配置されている様々アイテムは自由に手に取って遊ぶことができるため、友達と一緒にVRで記念撮影を撮り、体験終了後にプリントアウトすることもできます。

ランド内では

・謎解き脱出ゲーム

・ホラー脱出ゲーム

・協力ガンシューティング

・乗り物で世界を散策

・巨人化して他のプレイヤーと対戦シューティング

・展望台

・斬撃アクション

・ジェットコースター

など、複数人で楽しめるものや、景色を楽しむものなど、多彩なアトラクションが用意される予定です。

VR体験中の様子

緻密に再現されたオリエンタルファンタジーの世界

「オルタランド」は、nocras氏が建築物やアバターキャラクター、小物など多くのコンセプトアートを担当することで、そのnocras氏の真骨頂とも言えるオリエンタルファンタジーをモチーフとした世界観になっています。

荘厳でありながら温かみのある建築物の数々や、空中に浮かぶ島々などを、かわいらしいアバターをまとって自由に見てまわることができます。

「オルタランド」使用VR機器

体験に使用するVRヘッドセットには「HTC Vive Pro Eye」が採用される予定です。

内蔵されたアイトラッキング機能を用いて、ユーザーの視線やまばたきなどをアバターの外見に反映することで、「目」を使ったより高度なユーザー間コミュニケーションが可能です。



コンセプトアート・アバターデザイン担当 nocras氏について

nocras・・・オリエンタルテイストでかわいらしいキャラクター、緻密に作り込まれた美術など独自の世界観で注目を集めるアーティストです。

自身の描いた世界を3Dで再現した「黄昏ニ眠ル街」をゲームとしてリリースするなど、イラストの枠にとどまらない多才な活動を行なっています。

引用元:「オルタランド」プレスリリース[PRTIMES]

nocras氏によるイラスト

Copyright ©ORBITAL EXPRESS All rights reserved.

Copyright ©ORBITAL EXPRESS All rights reserved.

Copyright ©ORBITAL EXPRESS All rights reserved.

まとめ

昨年6月に開発が発表された「オルタランド」、その後東京ゲームショウ2018に出展されると、多数のメディアで紹介されるなど注目が集まっています。

プロジェクトにイラストレーター/デザイナーであるnocras氏が加わり、グラフィックやアトラクションが全面刷新され開発が進められているようです。

異国情緒あふれるオリエンタルファンタジーの世界がnocras氏によって緻密な世界観として再現されるとのこと、リリースがとても待ち遠しいです。

ソース:「オルタランド」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む