VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで新たな観戦スタイルを!5GによるVR空間での試合観戦実験をヤフオクドームで実施

ソフトバンク株式会社と福岡ソフトバンクホークス株式会社は、5Gを活用し、多視点切替が可能な3Dパノラマ映像を用いたVR空間での試合観戦に関する実証実験を「福岡 ヤフオク!ドーム」で行い、成功したことを2019年3月20日(月)発表しました。


VR試合観戦に関する実証実験について

ヤフオクドーム内に設置した高画質VRカメラで試合を撮影し、その模様を3.7GHz帯および28GHz帯で構築された5Gネットワークを通し、VRヘッドセットに伝送するという実験が行われ、

・高画質な3Dパノラマ映像としてVRヘッドセットから試合を観戦

・複数設置されたVRカメラの視点を自由に切り替えながら観戦

することに成功しました。

VR空間では、観戦者同士がリアルタイムに会話できるとともに、顔の向きや口の動きも再現されます。

シーンごとに好きな視点に切り替えたり、アバターを通してVR空間で観戦者同士会話をしながら試合を楽しむことが可能です。

また、さらに観戦を楽しめるよう、ヤフオクドーム内のゲストルームである「スーパーボックス」の内装や備品などをリアルな質感でVR空間に再現し、VRヘッドセットを装着した観戦者がアバターとしてVR空間に出現するアプリケーションも今回開発されました。





実験の結果

今回実施された実証実験では、

・超高速

・大容量

という5Gの特長を最大限活用することで

・高画質な3Dパノラマ映像

・VR観戦用アプリケーション

という、直感的・感覚的に理解しやすい動的コンテンツを、VR空間で複数人同時にコミュニケーションをとりながら体験することができました。

球場にいなくても、ヤフオクドームの「スーパーボックス」など特別な空間から試合観戦をしている、という疑似体験が可能になるなど、スポーツ観戦をはじめとしたコンテンツ体験の新たな可能性がこの実験から確認されています。

まとめ

新時代のスポーツ観戦の実現に向けて、VRを活用した試合観戦の実証実験が行われました。

好きな視点に切り替えができる高画質な3Dパノラマ映像で、離れた場所でも自分の好きな場所で観戦できて、しかも観戦者同士リアルタイムに会話もできるのは、最高の観戦スタイルではないでしょうか。

VR観戦が定番になる時も、そう遠くはなさそうですね。

ソース:「VR試合観戦実験」に関するプレスリリース[ソフトバンク]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む