VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

全身の動きをキャラに反映!「VisionPose Single3D」の動画を公開!6月に販売へ

イメージ

株式会社ネクストシステムは2019年3月26日(火)、同社が開発している「VisionPose Single3D」の利用例のデモ動画を公開しました。

デモ動画には、スマホで全身の動きを3Dキャラクターに反映している様子が収録されており、今年6月にiOS版の販売が予定されています。


「VisionPose Single3D」とは

「VisionPose」は、ネクストシステム社が提供している高精度AI骨格検出システム。

WEBカメラとAI(ディープラーニング)を活用することでリアルタイムで人間の骨格情報を検出し、

・手足

・足先

・顔

を含めた30箇所の測定が可能です。

現在同社が開発している「Single3D」はVisionPoseシリーズの1つで、スマホに搭載されているようなカメラ1つで3D座標の検出が可能になっています。

今までのモーションキャプチャを行うケースではカメラが複数台必要な上、対象にデバイスを装着する必要がありましたが、この「Single3D」ではデバイスを体に着ける必要がなく、カメラ1台で3D座標を取得することができます。

今回公開された動画では、その利用例としてスマホのカメラを通して全身の骨格をリアルタイムで検出し、動きを3Dキャラクターに反映する様子が収録されており、

・フォームチェックや採点補助などスポーツの動作解析

・監視カメラを用いた不審者の検知や急病人の検知

・消費者の行動解析によるインサイト調査(無人レジなど)

・Vtuberの配信やアーケードゲームなどエンタメ分野への応用

での利用が期待できます。

また動画に登場している「Single3D(iOS版)」は、2019年6月の販売が予定されています。

 

イメージ

VisionPose Single3Dを利用したアプリで3Dキャラクターを実際動かした例





「VisionPose Single3D」概要

価格:未定

販売時期: 2019年6月を予定

提供方法:PC版とiOS版をそれぞれSDKとして提供

PC版:C#/C++向けのライブラリ

iOS版:Swift向けのライブラリ

※Unityサンプルコードあり

公式サイト

イメージ

VisionPose Single3Dの検出ポイント図

デモアプリに登場するキャラクターについて

今回のデモ動画に登場している3Dキャラクターは、ネクストシステム社に所属している「未確認仮想広報担当ミチコ」さん。

彼女は同社の歴史を学ぶ為に未来からやって来たとのことで、2019年3月末より同社の広報担当として3DCGの体を生かした広報活動を行っています。

イメージ

www.next-system.comより

プロフィール

広報担当としてネクストシステムの歴史を学ぶべく、そう遠くない未来から仮想空間を介して新人研修にやってきた。2019年3月25日より正式に着任している。

この姿は仮想空間上でのアバターのようなものらしく、操作している人物が実際にいる。基本的にはチャットで会話する。生まれは福岡で物心ついた頃には仮想空間で生活していた。

引用:ネクストシステム社プレスリリース

まとめ

今回、スマホに搭載されているようなカメラ1台で人間の動きをモーションキャプチャできるシステム「VisionPose Single3D」のデモ動画が公開されました。

動画では「Single3D」を搭載したスマホのカメラを通して人間の動きをモーションキャプチャし、3Dキャラに反映する様子が収録されています。

VisionPoseシリーズは、高精度で細かい動きを検出できるシステムだけに、Vtuberなどのわずかな仕草なども表現できそうですね。

このシステムを利用したVtuberが登場する日が楽しみです。

ソース:プレスリリース[@Press]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む