VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

バーチャルアーティスト「IA&ONE」がMRを活用したトークライブを実施!

株式会社ホロラボは、人気バーチャルアーティスト『IA(イア)&ONE(オネ)』とコラボし、MRを活用したイベント「IA & ONE ATL-MRトークライブ」を2019年3月28日(木)にオープンイノベーションスペース「アドバンスドテクノロジーラボ」にて実施したことを発表しました。


「IA & ONE ATL-MRトークライブ」について

「IA & ONE ATL-MRトークライブ」は、株式会社ホロラボが人気バーチャルアーティスト『IA&ONE』とコラボして開催した、MRを活用したトークライブイベントです。

オープンイノベーションスペース「アドバンスドテクノロジーラボ」(以下ATL)にて2019年3月28日(木)に実施されました。

今回のイベントは、アーティストなどによる「ライブ」の新たな楽しみ方、体験づくりへの第一歩として開催され、ホロラボ社とATLが共同開発している、現実空間とそれを模したVR空間の情報を同期させて空間を超えて現実側とバーチャル側の参加者のコミュニケーションを実現する「ATL-MRイベントシステム」を活用することで実現しています。

トークライブでは、ATLを現実とVR空間の舞台として、

・現実側からはHoloLensをつけて約20名が現地から

・バーチャル側からはHTC VIVEやOculus Goを用いて20名ほどが任意の場所から

参加しました。

MR側視点(MRトークライブ現地参加者の前に、IA&ONE登場!)

VR側視点(参加者がアガる気持ちをアイコンで表現!)

リアル・バーチャルともに参加者はログインアイコンとアバターで確認でき、空間を超えて実際に近くにいるように会話をすることが可能です。

VR空間内で行われたイベントではIA & ONEの2人がMCとのトークやライブを披露し、参加者は正面だけでなく舞台の後ろなど、さまざまな場所からパフォーマンスを観賞してMRの世界を体感しました。

トーク後のダンス&歌でMRVR双方の参加者を魅了

アドバンスドテクノロジーラボ(ATL)とは・・・

ATLは、株式会社リクルートテクノロジーズが2017年6月に公開した無料のオープンイノベーションスペースです。

ATLでは、先端技術を用いて開発を志すエンジニアやクリエイターを「ATL客員研究員(会員)」として迎え、施設や機材の無料貸出だけでなく、スペースで生まれた作品の展示会を行い交流を促すなど、様々な取り組みを通じてその開発を支援しています。

参加者の声

参加者からは

「タイムマシンというコンセプトはとても大事。進化に期待」

「トラブルもあったが、それ以上に得られるものが大きかった」

「IAちゃんONEちゃんが、目の前でトークしながら可愛く動いていて感動しました」

といった声が上がりました。

引用元:プレスリリース




「ATL-MRイベントシステム」とは

これまでのライブは、

・実際に参加をすることによる「一度きりの体験」

・第三者が撮影・編集した映像による当日の「追体験」

をするだけのものでした。

しかし「ATL-MRイベントシステム」では、時間を問わず何度でも自由に自らの立ち位置を変え、さまざまな角度からライブを観賞し直すことができることで、時間と空間を超えた自由なスタイルでこれまでにないライブ体験を味わうことができます。

『IA & ONE』について

左:IA 右:ONE(http://1stplace.co.jp/より)

「IA & ONE」とは、姉IA(イア)と妹ONE(オネ)の姉妹からなる、1st PLACE株式会社がプロデュースするバーチャルアーティストです。

声はすべて音声合成ソフトウェアから生み出されおり、音楽アーティストとして活動するなどVOCALOIDやVtuberとも異なる独自路線を築いています。

姉IAは、音楽アーティストとしてのパフォーマンス力は業界内で高く評価されていて、IAの楽曲提供者にはSUGIZO(LUNA SEA / X Japan)、大沢伸一(MOND GROSSO)、KOHH、TeddyLoidなどメジャーシーンの著名アーティストも名を連ねています。

後に誕生した妹ONEと共に、2015年からワールドツアー「IA PARTY A GO-GO」を世界12都市で実施したり、2019年より最新ミュージカル&ライブショー「ARIA」のツアーも展開しています。

IA公式サイト

ONE公式サイト

公式YouTubeチャンネル

まとめ

今回開催されたイベントでは、約50名が様々な場所から一斉にバーチャルアーティストのライブを観賞しました。

現実側とバーチャル側の参加者がコミュニケーションをとり、まるでタイムマシンに乗ったような気分で時間と空間を超えた体験を実現しています。

「ATL-MRイベントシステム」は一般開放も検討されており、リアルとバーチャルの垣根を超えた新たなコミュニケーションが可能になることによって、今後はまた新しい自由なスタイルでライブ体験を味わうことができるようになるでしょう。

ソース:「IA & ONE ATL-MRトークライブ」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む