VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRを活用し効果的な人材育成を実現!JALが航空機の牽引訓練にVRシミュレータを日本初導入

株式会社JALグランドサービスと株式会社コミュニケーション・プランニングは、航空機の牽引訓練用として、持ち運び可能なVR技術を用いた訓練用シミュレータを共同で開発し、2019年4月8日(月)よりJALグループで導入することを発表しました。


航空機の牽引訓練用VRシミュレータについて

「航空機の牽引訓練用VRシミュレータ」とは、JALグループの国内主要空港において、航空機の牽引や手荷物・貨物搭降載作業などの業務を担う株式会社JALグランドサービスと、 VR・AR・MRなどのxRソリューションを提供する株式会社コミュニケーション・プランニングが共同で開発した、VRを活用した航空機牽引訓練用のシミュレータです。

航空機の牽引訓練には

・時間

・場所

・使用機材

などにおいて細かな制約があり、通常は長期間の訓練が必要です。

現在、旅客需要の拡大によって航空機牽引の取り扱い便数が増え、必要な技術を持った人材の育成が課題になっており、こうした状況を受けて、「時間」や「場所」に左右されずに訓練教育を行うことのできる航空機の牽引訓練用のVRシミュレータが今回開発されました。

VRシミュレータは

・持ち運びが可能なため、地方空港などでの訓練ができる

・通常訓練では再現が困難な雨や雪などの気象条件の設定を行うことが可能

・教官の指導を受けながら繰り返し訓練ができる

などの点から、効率的な訓練を実施することができます。

また360度全方位の視野が再現できるというVRの特長から、平面モニターでは実施することができない

・振り向く

・覗き込む

といった航空機を牽引する際の安全確保に必要な動作確認にも対応しており、効果的な人材育成を実現しています。

教官による指導の様子

実際に体験した訓練教官からの評価は高く、今後は更なる訓練プログラムの開発や、イレギュラーに備えた緊急時の操作訓練などの安全教育プログラムの開発も検討されています。

まとめ

オリンピック/パラリンピックの開催が決まったこともあり、既に訪日外国客数は3000万人を突破したと言われています。

日本人旅行者に加え、今後もインバウンドのさらなる増加も見込まれることから、国内の旅客需要拡大による航空機牽引の取り扱い便数も増加していくものと思われます。

そのような背景から開発された、効率的・効果的な人材育成ができるVRシュミュレータ、今後の効果が期待されます。

ソース:「航空機の牽引訓練用VRシミュレータ」に関するプレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む