VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ドコモから超広視野角VRゴーグルが登場!超会議で体験デモも実施

株式会社NTTドコモは2019年4月17日(水)、VRを活用した新たなビジネスの創出に向けて、スマートフォンを取り付けることで手軽に没入感の高いVR映像を体験できる、超広視野角VRゴーグルを開発したことを発表しました。


スマホで手軽に没入感の高いVR体験を!


これまでのスマートフォンをセットして利用する一般的なVRゴーグルは、視野角が狭く、穴から映像を覗き見るように感じられたのに対し、超広視野角VRゴーグルでは、人間の視野特性である

視野の中心領域はくっきり

周辺部分はぼんやり

と映像を見ている、という見え方を活用して、中心の凸レンズに加えその周りに高倍率の特殊構造のレンズが配置され、より自然な視野となり、まるでその場にいるかのような没入感の高いリアルなVR体験が可能になっています。

超広視野角VRゴーグル今後の展望

超広視野角VRゴーグルは、スマートフォンをセットして使うタイプのゴーグルで、材質もアクリル樹脂のレンズと筐体で構成されていることから軽量で、安価に製造することができます。

今後、NTTドコモ社は、本VRゴーグルを活用したエンターテインメント向けサービスの提供やライセンス提供など新たなビジネスの創出を行っていく予定です。



超会議で「超没入!超絶叫!」体験しよう!

超広視野角VRゴーグルは、2019年4月27日(土曜)から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」の「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」ブースに出展され、デモ体験会が予定されています。

超広視野角VRゴーグルだけじゃない、超会議NTTブースの見所

「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」のVRを活用した展示エリアでは、本ゴーグルの展示デモ体験の他にも様々なVR体験ができます。

【超ゾクゾク!】Comptics x VRで グッ!ときてハッ!としろ!

【NTT研究所×ヒメヒナ電子分体研究所】VTuberなりきりAI計画

【超ふれあいVR】セバスちゃん握手会で萌えろ!

「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」出展概要

会期:2019年4月27日(土)~2019年4月28日(日)

開場時間:4月27日(土):10:00~18:00、4月28日(日):10:00~17:00

会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

出展ブース位置:2ホール A-10

一般入場券:前売 1日券:1,800円、通し券:3,100円(税込)
当日 1日券:2,300円(税込)

ホームページ:ニコニコ超会議2019 日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6

出展内容:
ステージ・スタジオ「スタジオミカカ」を中心に、VRを活用した展示エリア、触覚を利用したエリア、ドローン、視覚を刺激する展示、ドコモ展示ブースなど、様々な最先端研究技術をわかりやすく紹介します。

詳細:「ニコニコ超会議2019」に「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」を出展 [NTT持株会社ニュースリリース]

まとめ

スマホ用VRゴーグルは安価で手軽ですが、「手ごろな価格だから仕方ない」と性能については、妥協する点がありました。

今回発表された『超広視野角VRゴーグル』は安価で手軽ですが、超没入体験ができるということで、早く使ってみたい、早く商品化してという気持ちになりますね。

まずは、超会議で超体験してみましょう!

ソース:超広視野角VRゴーグルに関するプレスリリース[株式会社NTTドコモ報道発表資料]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む