VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

自分の手のような動作が可能に!触覚提示ソリューション「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」発表

exiii株式会社は2019年4月23日(火)、指先の位置追跡と掌への力触覚フィードバックを組み合わせた、新たな触覚提示ソリューション「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」の提供を開始したことを発表しました。


「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」とは

「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」とは、指先の位置追跡と掌への力覚を組み合わせた触覚提示ソリューションです。

Oculus TouchやVive Controllerなど既存のハンドコントローラーとの併用を前提に、簡易的な触覚体験の導入を目的として2018年10月に販売された「EXOS Wrist DK2」をベースに、ユーザーヒアリングの中で要望の多かった指先の位置追跡(ハンドトラッキング)を追加することで、自分の手の感覚に近いより自然なインタラクションを可能にしています。

ハンドトラッキングは、手袋型や光学式を採用した既存の技術との組み合わせによって実現されています。

なお「EXOS Wrist DK2」について、これまではexiiiウェブサイトのみでの販売でしたが、今後は株式会社アスクでも取扱いが開始されることになり、販売チャンネルが拡大することも発表されています。

「EXOS Unity SDK v1.1.0」のアップデートも

「EXOS Unity SDK v1.1.0」においても、アルゴリズムのアップデートにより触覚体験が大幅に安定化・改善されました。

exiii株式会社 CEO・共同創業者の⼭浦博志氏は

「EXOS Wrist DK2の販売以来様々な検証を進めてまいりました。

弊社が特に注力している製造業においては、設計中の製品と人間の関係をなるべく早い段階で検証する事が求められており、そのためには人間の手の姿勢を様々に変化させた状態で3Dデータに触れる必要があることが分かりました。

例えば人差し指を伸ばしてボタンを押す、各指を開いて掌でレバーを倒す、といった動きです。

そうしたニーズを持たれているお客様にぜひ試していただきたいと考えております。」

引用:EXOS Wrist Hand Tracking Editionプレスリリース

とコメントしています。





「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」デモについて

ハンドトラッキングを組み合わせた「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」の最新デモが、下記フォームより受付されています。

デモ申込: EXOS Wrist Hand Tracking Edition

まとめ

既存のハンドコントローラーを使用して簡易的触覚体験ができる「EXOS Wrist DK2」に、指先の位置追跡機能と掌への力覚機能が追加されたことで、人間の手の感覚に近づき自然な動作ができるようになりました。

「人差し指を伸ばしてボタンを押す」や「手を開いてレバーを倒す」は、生活の中でとても多く使用する動作のひとつです。

人間の手の動きを様々に変化させて3Dデータに触れることができる新たなソリューションは、今後きっとさまざまな分野で大いに活用されることでしょう。

ソース:「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む