VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Vtuberにもファッションを!新プロジェクト「VRoid WEAR」開始 !

イメージ

人型アバターを制作できる「VRoid Studio」を運営しているピクシブ株式会社は2019年4月26日(金)、現実のファッションブランドと一緒になって3Dキャラクターのためのファッションを提案する「VRoid WEAR」プロジェクトを開始したことを発表しました。

第一弾はファッションブランド「chloma(クロマ)」の新作が公開されています。


「VRoid WEAR」とは

イメージ

VRoid WEARは、実在するファッションブランドとクリエイターが一緒になってアバターウェアの可能性を共創するプロジェクトです。

2018年8月にリリースされた「VRoid Studio」は人型アバターを制作することができるプラットフォームで、誰もが簡単に3Dキャラクターを生み出せるようにしました。

そして今回開始された「VRoid WEAR」は誰もが簡単に、3Dキャラクターが着る服をデザインすることを可能にしています。

VRoidのテクスチャペイント機能を使うことで、今まで服の製作に関わったことのないクリエイターでも、オリジナリティ溢れる服を"絵を描くように"デザインして着せることができます。



第一弾は「chloma」の新作が登場!

VRoid WEARプロジェクトの第一弾として、人気ファッションブランド「chloma(クロマ)」とのコラボが実施されており、

・同ブランドの2019年新作コレクションアイテム「Y2K Anorak」

・同アイテムのデザインをVRoid製モデルのために再構築したアバターウェア「Y2K Anorak for VRoid」

の2つが発表されています。

イメージ

chloma新コレクション[ YOUR INTERFACE ]より『Y2K Anorak』

イメージ

『Y2K Anorak for VRoid コンプリートセット』

今回発表された「Y2K Anorak for VRoid コンプリートセット」は、5月3日から東京・渋谷で行われているchloma展示会と各取扱ショップでリアルウェア「Y2K Anorak」を購入することで、同デザインのアバターウェアがセットで付いてきます。

VRoid公式BOOTHではアバターウェア単体での販売も開始されています。

VRoid公式BOOTH

イメージ

またVRoidプロジェクトでは今回のコラボのために「アバターファッションモデル」を制作しており、Y2K Anorak for VRoidを着せたアバターは「VRoid Hub」で見ることがで可能です。

VRoid Hub

まとめ

誰もが人型アバターを簡単に作ることができるプラットフォーム「VRoid Studio」が、現実のファッションブランドとコラボして3Dアバターのファッションを提案する「VRoid WEAR」プロジェクトを開始しました。

その第一弾として人気ファッションブランド「chloma」とのコラボが実施されており、同ブランドの2019年新作のVRoid版が発表されています。

ついにバーチャルにまで進出したファッション業界。Vtuberなどのバーチャル業界がどれだけ経済効果に影響を与えるかが分かるような一例ですね。

ソース:VRoid WEARプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む