VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ValveのVRヘッドセット「Valve Index」の予約スタート!米国と欧州にて先行販売

PCゲーム配信サイト・Steamの運営企業であるValveが、独自開発したVRヘッドセット「Valve Index」を先日発表しました。

Valve Indexは現時点で国内販売の目途は立っていませんが、米国・欧州で先行販売を行い、同地域では既にプレオーダーを受け付けています。


ValveのVRヘッドセット「Index」が米国・欧州で予約開始

2019年5月1日より、Steamの公式サイトにてValve Indexのプレオーダーの受付を開始しており、6月28日からの出荷を予定しています。

現在、日本国内から同ページにアクセスすると"Not available in your country(お住まいの国ではご利用頂けません)"と表示されますが、将来的に国内販売の可能性を示す情報もあり、続報に注目です。

ヘビーユーザー向けのVRヘッドセット

先日登場した「Oculus Rift S」「HP Reverb」など、VR初心者でも使いやすい新型VRヘッドセットが発表されていますが、Valve Indexは既存のVRユーザーをターゲットにしている点が特徴です。

同デバイスはHTC Viveとの互換性が高く、ベースステーションやコントローラーはそのまま互換して使用できます。(HTC ViveはValveとHTCが共同開発したデバイスです)

ハイレベルな映像表示が可能

Valve Indexは、市販中のVRヘッドセットの平均的なスペックと比べても高機能なデバイスで、解像度は1,440 x 1,600。これはハイエンドクラスの「HTC Vive Pro」「Samusung Odyssey」と同じ解像度です。

リフレッシュレート(1秒間に更新できる映像の描画回数)は90~120Hzで、実験的に144Hzに上げられるとのこと。HTC Vive Proの90Hzと比較しても、かなり高画質な映像が表示できます。

また、視野角は公表していませんが、Valveによると「HTC Viveより20度広い」とのこと。HTC Viveの視野角は110度なので、およそ130度程度であると考えられます。

パーツ単位での購入が可能

Valve Indexは、ユーザーの都合に応じて異なる内容のキットが発売されます。必要なパーツ全てを同梱したバンドル版の他、各々のパーツを個々に購入することも出来ます。

HTC Viveとの互換性があるため、既にHTC Viveのユーザーであれば、必要なパーツのみを購入するだけでValve Indexが使用できます。

公式サイトに記載しているキット内容は以下の通りです。

ヘッドセット、コントローラー、ベースステーション:999ドル

ヘッドセット、コントローラー:749ドル

ヘッドセットのみ:499ドル

コントローラー(×2):279ドル

ベースステーション(×1):149ドル

フェイスクッション(×2):40ドル

VirtualLink Type-Cケーブル:40ドル

同梱されるベースステーションは「SteamVR 2.0」に対応しており、これはHTC Vive Proキットに同梱されているものですが、通常のHTC Vive用のベースステーション(SteamVR 1.0)にも対応しています。

また、HTC Vive用のコントローラーとも互換性がありますが、Valve Index用のコントローラーは「Indexコントローラー(Knucklesという名で開発)」という、独自開発されたものです。




国内販売なるか?

Valveによると、当初はデバイスの発売を限定的に行うとのことで、米国と欧州で先行販売したのち、需要に応じて販売地域を拡大するとのことです。

現時点では日本は販売地域に含まれていませんが、米メディアRoad to VRによると、

ヘッドセットの箱にあるラベルは、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、日本語で表示されている。つまり、少なくとも日本での発売を予定していることになる。

とのことで、将来的に日本でもValve Indexが発売される可能性は十分にあると言えます。

日本でもVRユーザーが増えつつある昨今、よりヘビーユーザーを対象にしたValve Indexは、少なからず多くのVRユーザーにアピールするのではないでしょうか。

まとめ

Valveが独自開発したVRヘッドセット「Valve Index」の事前予約がスタートしました。

現時点では日本は販売対象地域に含まれておらず、まずは米国と欧州で先行販売されます。その後、需要に応じて販売地域を拡大するとのことです。

ですが、ヘッドセットの箱には日本語での記載もあることから、将来的にValve Indexが日本で発売される可能性は高いと思われます。

デバイスの売れ行き次第にも依りますが、よりコアなVRユーザーやゲーマーであれば、一度試してみたいデバイスです。日本での発売が期待されます。

【参考リンク】
Road to VR
UploadVR
 









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

 

最新ニュースを読む