VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【前編】「安全運航を実現する『AR航海情報表示システム』を開発!」など注目記事を振り返り!!

2019/05/04 13:00

週末恒例!

今週(4月26日〜5月2日)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「そういえばこんなこともあったなぁ」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①VRで下見もできる!AR対応「ウェルチェアビュー・ピクトグラム」を開発へ

ニュースイッキ見ARピクトグラムが開発

VR革新機構(VRIO)は、東京2020に向けて「ウェルチェアビュー・ピクトグラム」を製作し、AR対応を2020年春までに目指すことを発表しました。

「ウェルチェアビュー・ピクトグラム」は車椅子だけでなく、ベビーカー、杖歩行など歩行困難者のために、道路の路面状況などをわかりやすくARを用いたピクトグラムで表示するものです。

さらに、東京オリンピックや大阪万博など今後日本で開催される国際的イベントに合わせて、VRで下見ができたり、車椅子目線でストリートビューやパノラマビュー対応できるように開発を進めていくとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-159248/

②プレミア価格がつくほどの人気!任天堂「VR KIT」が海外で売り切れ続出!

ニュースイッキ見任天堂VR KITが世界中で大人気

先日、Nintendo Switch用の「VR KIT」が任天堂より発売されたのが記憶に新しいところですが、海外では売り切れが続出しプレミア価格がついたことが大きな話題となっています。

米国ではAmazonやBest Buy、Wallmartなどの主要ECサイトで売り切れ状態となっており、ヨーロッパでもドイツ・フランスのAmazon、英国のゲーム販売サイトCurrysでも在庫切れとなっています。

このことを受け、米国ではeBayなどのオークションサイトで130ドル(約14,000円)もの高値がついており、世界規模の人気であることが伺えます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-159164/

③コンシューマー向けAR市場の覇者になるか?Facebook/OculusがAR開発者を多数募集!

ニュースイッキ見FacebookとOculusがAR部門を本格強化

最近では多くのARヘッドセットが登場しマーケットの拡大を見せていますが、Oculusと親会社であるFacebookの両方がARデバイス開発に携わる従業員を多数募集していることが判明しました。

このほか、FacebookはOculusとの連携を強めており、VR技術研究・開発部門から数百人の従業員をスマートグラス開発に特化した専任チームに異動させているなど、AR部門の強化を進めています。

現在ほとんどのARデバイスが必ずしも一般層向けとは言い難い状況ですが、Facebook/Oculusが本格的にAR開発チームの人員を拡大していることから、一般ユーザー向けのARデバイスが登場するのではないかと期待が持たれています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-158933/



④YouTube動画を教材にARでイラストの描き方を学べるアプリが登場!

ニュースイッキ見のアート教育で活用できるARアプリ

Google Creative Labsによって開発された「Drawalong AR」という、YouTube動画を教材にしてプロの作品を手軽に模写できるアプリが注目を集めています。

紙の上にAR表示したプロの作品をなぞることによって、おもにカリグラフィ(西洋書道)やイラストのスキルを簡単に習得することができるようになるアプリです。

このほか、アート分野でARを活用しているFacebookなど各社の取り組みについても紹介しています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-159076/

⑤安全運航を実現する「AR航海情報表示システム」を開発!大型原油タンカー21隻への搭載も決定!

ニュースイッキ見AR航海情報表示システム

商船三井は古野電気株式会社、商船三井テクノトレード株式会社と共同で「AR航海情報表示システム」を開発したことを発表しました。

このシステムはARを活用して他船の航行状況や浅瀬の位置など、安全航行に必要な情報を表示するものですが、今後さらに技術開発が進めば将来の自律航行船の実現につながると期待されています。

また、「AR航海情報表示システム」は商船三井グループが運行する大型原油タンカー21隻に搭載することも合わせて発表されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-159157/

まとめ

令和初の「VRニュースイッキ見!」となりますが、今回もVR、ARに関する各社の様々な取り組みが目立ちますね。

特に注目を集めたのは商船三井による「AR航海情報表示システム」開発のニュースでした。

安全航行に役立つものとして開発されましたが、応用と開発がさらに進めば自律航行の実現にも近づくといわれるとSFの世界が目前に迫っているように思われます。

まさにVR、ARというのはロマンを感じられるテクノロジーといったところですね。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

 

最新ニュースを読む