VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ほとんどゲーム感覚!ニューヨーク市警が警察官の訓練にVRを導入

一般ではエンターテイメント用途で普及が進んでいるVRですが、トレーニングやスキル取得にもVRが活用されています。

米国では、警察官の訓練にVRが活用されており、実際の状況にかなり近いリアルな環境で、より実践的なスキルを学ぶことができます。


警察官の訓練にVR活用、ニューヨーク市にて

この取り組みを行なっているのはNYPD(ニューヨーク市警)の対テロ対策部で、これまでに数百人の警察官を対象に、VRを活用したトレーニングを実施しています。

VR空間では、実戦を想定した様々な状況をシミュレーションすることが可能で、民間のVR体験施設などで活用されているシステムを、そのまま応用しています。

VRで実戦の状況を再現

ニューヨーク市ブルックリンのウィリアムズバーグにある施設では、約1週間にわたってVRトレーニングの試験プログラムが実施され、数百人の警察官が参加しています。

プログラムでは、警察官はVRヘッドセットとバックパックPCを装着し、人質救出や犯罪者の制圧などを、VRのリアルな環境で擬似的に体験します。

このシステムを開発したのは、おもにトレーニング目的のVRシステムを開発する米国企業のV-Armedです。訓練者はVRハードウェアに加えて、実物大のエアーガンを使って訓練を行います。

上掲の映像では、警察官が室内に突入し、多数の人質の中に紛れている犯人に投降を勧告したり、銃で応戦する犯人を制圧する様子が確認できます。

こうした状況で、民間人を傷つけずに犯人を制圧したり、人質を解放するよう交渉する場面など、従来の訓練では再現の難しいリアルな状況を再現できます。

VRをトレーニングに活用するメリット

また、訓練中の警察官の動きを細かくトラッキングすることも可能で、例えば銃の命中率や、弾丸の弾道、交渉スキルなども第三者視点で把握することができます。

これらの情報は専用のソフトウェアを通じて把握し、武器の扱いの正確さなどを、個人単位で分析します。トレーニングの最中の動きは始終トラッキングできるので、より訓練精度の向上につながります。

こうした訓練は、従来では専用の施設でエキストラなどを動員して大規模に行う必要がありましたが、VRであれば必要な機材や人員を最小限に抑えることが可能で、コストを抑えた上で高いパフォーマンスを得られます。

NYPD対テロ対策部に所属するJohn Schoppmann氏は、

様々なシナリオを、より短時間で体験することが可能で、高い没入感を得られる。(シナリオの中には)心臓の鼓動が高まる場面もあり、すごくリアルだ。

と述べており、このプログラムが持つ高い効果について言及しています。



体験できるシチュエーションは無数

プログラムで使用するシステムは、例えば「ZERO LATENCY」などのシューティングアトラクションに使われているものと殆ど同じですが、こうしたアトラクションとの相違点として、シミュレーションできる状況が無数にあることが挙げられます。

様々なシミュレーションを、ドラッグ&ドロップによってカスタムメイドすることが可能で、民間人や犯人の位置や数などを自由に設定できます。

これによって、様々な状況を想定したシナリオを無数に制作することが可能で、あらかじめ用意されたキャラクターを、VR空間内に配置していくだけで済みます。

よく実際の事件現場では、犯人や人質以外に、スマートフォンで騒乱の様子を撮影する野次馬が大勢居たりしますが、こうしたキャラクターもすべてVRで再現することが可能とのこと。

また、舞台となるVR環境にも様々なものがあります。例えば、ワールドトレードセンターのメモリアルでの銃撃戦や、学校内での人質立てこもりなど、再現の難しい状況でも、VRであれば容易に再現できます。

VRを活用したシミュレーションにはこの他にも、例えば交通事故の現場をVRで再現したり、軍用向けに実銃のリコイル(反動)をリアルに再現するシミュレーターなど、様々な分野で開発が進んでいます。

まとめ

ニューヨーク市警が、VRを活用した警察官のトレーニングを試験的に導入しています。

訓練に参加する警察官は、VRヘッドセットとバックパックPCを装備して、実際に起こりうる様々な環境を想定したシミュレーションを、VRによって極めてリアルに体験することができます。

数多くの人質がいる室内への突入や、銃で反撃する犯人の制圧、また、人質解放の交渉など、訓練では再現の難しい様々な状況が、VRであれば容易に再現できるメリットがあります。

また、必要に応じて様々な環境を手軽にカスタムメイドできるのも特徴で、VRによって訓練にかかるコストの削減と共に、高いパフォーマンスを得られることにもつながります。

VRは様々な分野でのトレーニングに活用できる技術としても注目を集めており、これからも多様な分野で活用が進んでいきそうです。

参考サイト:VRScout









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

 

最新ニュースを読む