VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

360°VR画像がAIで綺麗に!THETA 360.bizに「AI画像補正」などの新機能が登場

株式会社リコーは、誰もが簡単に360°VRコンテンツを制作・公開できるクラウドサービス「THETA 360.biz」で「AI画像補正」など3つの新機能を提供を開始したことを発表しました。


「THETA 360.biz」とは

「THETA 360.biz」は、360°カメラ「RICOH THETA」で撮影した360°画像を使って、簡単に360°VRコンテンツを制作し、公開まで可能なクラウドサービスです。

2014年のサービス開始以降、約5,000社にも及ぶ様々な業種や業界に導入され、2018年度は前年比約180%に達するなど年々導入する企業は増加しています。

このことからも業種や業界を問わず、圧倒的な情報量をエンドユーザーに提供することができる360°VRコンテンツへの感心の高さや、臨場感のある空間情報の精度の高さが伺えます。

詳細:「THETA 360.biz」サービスについて
「THETA 360.biz」の導入事例

あらたな3つの機能を追加!

専用ツールや技術が必要だった画像補正が、誰でも簡単にできる「AI画像補正」と、「画像ダウンロード」、「IPアドレスによるアクセス制限設定」の3つの機能がリリースされています。

新機能1 AI画像補正

ユーザーは360°画像をアップロードするだけで、AI技術とリコー社独自の画像処理技術により自動的に画質補正が可能となりました。

高品質なコンテンツ制作のために必要だった専用ツールや画像補正の高度な技術は不要で、誰でも簡単に高品質なコンテンツ制作が可能になっています。

AI画像補正前

AI画像補正後

「AI画像補正」では、次の3つの補正効果が得られます。

明るさ・彩度の補正

撮影条件によって暗くなった画像も、彩度を補正し、適切な明るさに調整します。

ノイズの軽減

ノイズが入ってしまったざらつきのある画像も自動的にノイズを軽減します。

複数画像の印象統一

撮影シーンにより、複数の画像で画質色味ののバラつきを補正し、統一感のあるコンテンツに調整します。

詳細:「AI画像補正」について

※「ビジネスプラン」または「エンタープライズプラン」を契約の場合に利用できます。

新機能2 画像ダウンロード

「THETA 360.biz」にアップロードした画像を管理ツールからダウンロードすることができるようになりました。

※「ビジネスプラン」または「エンタープライズプラン」を契約の場合に利用できます。

新機能3 アクセス制限設定を可能に

ユーザーの要望や用途に応じて、プレイヤーのView URL、管理ツール、Web APIに対してアクセス可能なIPアドレスの設定が可能となりました。

アクセス制限を可能にすることで、社内の情報共有用などのセキュリティーを強化した利用ができるようになっています。

※「エンタープライズプラン」を契約の場合に利用できます。



新機能が利用できる料金プラン

今回の新機能のリリースと合わせて契約プランの内容も2019年5月8日より改正されており、「AI画像補正」機能はビジネスプラン以上で利用可能となっています。

詳細:料金プランについて

まとめ

360°カメラ「RICOH THETA」で撮影した360°画像を使って、誰でも簡単に360°VRコンテンツを制作から公開までできる「THETA 360.biz」に新機能が加わったことで、より便利により臨場感ある「空間」情報を伝えることができるようになりましたね。

さらに、本文にあるように簡単に360°の画像をWebプレスリリースに活用できる新機能をリコー社とPR TIMESとが共同開発しています。

高性能360°カメラ「RICOH THETA」を無料レンタルでき、クラウドサービスで簡単編集、プレスリリースに掲載、360°空間表現が可能になるサービスがスタートしています。

専用機材やツールを購入することなく、自社のPRに利用できるのは嬉しいですね。

参照:広報素材に画像、動画、そして360°の空間を。

ソース:「THETA 360.biz」新機能リリースに関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む