VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

360°映像で空間共有に変革を!VRにも対応する「RICOH UCS 360 VR Live」提供開始

イメージ

株式会社リコーは2019年5月23日(木)、同社が提供するテレビ会議・Web会議システム「RICOH UCS」と360°撮影可能な全天球カメラ「RICOH THETA」を組み合わせた、多拠点双方向コミュニケーションシステム「RICOH UCS 360 VR Live」を提供開始することを発表しました。


「RICOH UCS 360 VR Live」とは

「RICOH UCS 360 VR Live」は株式会社リコーが提供している"RICOH UCS(RICOH Unified Communication System)"と、同じく同社が販売している360°の静止画・動画を撮影できる全天球カメラ"RICOH THETA"を組み合わせた多拠点双方向コミュニケーションシステムです。

RICOH UCSのテレビ会議システム

RICOH THETAの高画質な360°映像

によって、遠隔地にいながらさまざまな現場の空間を丸ごと共有することができます。

このシステムはクラウドプラットフォーム「RICOH Smart Integration」上に構築されていて、RICOH THETAをRICOH UCSの専用機器やスマホ・PCと接続することでリアルタイムに360°映像を配信することができます。

イメージ

オフィスに限らず店舗や建設現場、事故・災害現場など様々な場所の状況を正確に共有して円滑に意思疎通ができるため、さまざまな業務を遠隔地から支援できます。

専用回線などの特別な装置が不要なために、現場の作業者がRICOH THETAを付けて「RICOH UCS 360 VR Live」に接続するだけで現場の状況を丸ごと共有することが可能です。

見る側は手元のデバイスで

自由に視点を操作

拡大縮小して視聴

できるためにカメラ側の操作も必要なく、見る側が関心のある部分に集中してリアルタイムに状況を把握できます。

またVRゴーグルなどと組み合わせることも可能で、実際にその場にいるかのような臨場感を体験できるために、業務のトレーニングや接客、点検作業などの業務効率化にも活用できます。

なお、360度の映像配信は現時点ではAndroidとWindowsのみに対応しています。

製品サイト




4つの主な機能

「RICOH UCS 360 VR Live」には、主にRICOH UCSとRICOH THETAを合わせ持った4つの機能があります。

360°の全天球映像ライブ配信

PCやAndroidデバイスの外部カメラにRICOH THETAを接続することで360度全天球映像をライブ配信でき、オフィスだけでなく作業現場や展示ルームなどさまざまなシーンで円滑なコミュニケーションが可能になります。

この機能は現時点で、RICOH UCS 360 VR Live for WindowsとRICOH UCS for Androidに対応しています。

360°のリアルタイム映像受信によるコミュニケーション

リアルタイムで撮影した映像を上下左右自由な方向に動かして見ることが可能で、さらに拡大・縮小することが可能です。

そのため配信元の現場にいるような感覚でコミュニケーションを取ることができます。

この機能は現時点で、RICOH UCS 360 VR Live for Windows・Apps for Android・Apps for iPhone・Apps for iPadに対応しています。

360°の映像録画

360度の映像で録画することが可能で、後から見るときでも自由に映像を動かすことができます。

何度でも同じシーンを違う角度から見直すことができるので、検証を行ないたい時にも活用できます。

この機能は現時点で、RICOH UCS 360 VR Live for Windowsに対応しています。

VRゴーグルにも対応

VRモードにも対応しており、スマホを装着したVRゴーグルを利用して360度映像を見ることができます。

直感的に視線を変えることができるので、さらに没入感を高めることが可能です。

さらにPC画面を共有した場合も視界の中に映るようになっています。

イメージ

www.ricoh.co.jp/ucs/apps/360vr-live/より

この機能は現時点で、Apps for Android・Apps for iPhone・Apps for iPadに対応しています。

まとめ

遠隔地の現場を360°見渡しながら、そこにいる人とコミュニケーションが可能な多拠点双方向コミュニケーションシステム「RICOH UCS 360 VR Live」が今回登場しました。

このシステムはテレビ会議・Web会議システムの「RICOH UCS」と360°撮影が可能な全天球カメラ「RICOH THETA」を組み合わせたもので、遠隔地にいながらまるで相手先の空間にいるかのような感覚で会話できます。

これで従来のテレビ会議ではやりにくかった現場の空気を感じとりながらのやり取りが可能ですね。

もう置いてきぼり感を喰らうことはなくなるのではないでしょうか。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]




VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む