VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

5カ国の学校で使用!国産の理科学習支援MRアプリがオープンソース化へ

理科学習アプリを利用する様子

理科学習アプリを開発するフィール・フィジックス社は、同社代表を務める植田達郎氏が、5月29、30日に開催されるマイクロソフト社のITカンファレンス「de:code 2019」において、MR技術を使った理科学習アプリをオープンソースとして公開し提供することを発表しました。

植田代表は同カンファレンスにおいてMVPパーソナルスポンサーの17人に選出され、MVPパーソナルスポンサーとしてセッションを理解し実践するのを援助するために、理科学習アプリをオープンソース化し提供するとのことです。


理科学習アプリとは?

目に見えない現象を可視化する理科学習アプリ

理科学習アプリとは、MRヘッドセットHoloLensを使って理科学習をわかりやすくするものです。

例えば、「磁界」の授業では、「目には見えないけれども空間に広がっている」と教わりますがとてもイメージしにくいものと言えます。

その点、理科学習アプリを利用すると、目の前に棒磁石とその周りに方位磁石のグラフィックが現れます。

棒磁石をつまんで向きを変えると、方位磁石も一斉に向きが変わり、「磁界」が、視覚的・体験的に理解できるようになります。

また、HoloLensの特性を活かして一方向からだけではなく、しゃがんだり見上げたりしてあらゆる方向から「磁界」の様子を観察できるので、3次元として「磁界」を理解することができるようになります。

5カ国10の学校で授業に使用

様々な国、場所で行われる理科学習アプリを利用した理科の授業

理科学習アプリは国内の学校や展示会だけではなく、アフリカのガーナ、ルワンダを含む5カ国の10の学校と2つの展示会において授業で使われました。

授業後、ほとんどの生徒が、棒磁石から離れた場所についても正確に磁界の向きを答えることができるようになり、「磁界が3次元のものと理解できた」との感想が寄せられたそうです。

以上の結果は学会誌への掲載という形で日本物理教育学会へ研究報告がされる予定です。

理科学習アプリの授業・体験展示も

理科学習アプリの体験授業・展示の様子

フィール・フィジックスは開発したアプリによる、目に「見えない」現象が「見える」授業・体験展示を行っています。

・中学校・高校の理科・物理・総合学習

・催事場でのイベント

・博物館の展示

などに出張し、子どもたちが理科を楽しんで学べるよう努め、子どもたちの反応を観察しながら学習アプリの精度を高めていくことにつなげたいとしています。

ただし、現在は新たに制作中のアプリに専念しているため、本年度12月までは行わないとのことです。

授業・体験展示に関する問い合わせ先tatsuro.ueda@feel-physics.jp



「de:code 2019 MVPパーソナルスポンサー」とは?

de:code 2019の基調講演の動画

(動画は、マイクロソフト社が公開している【de:code 2019】の基調講演の様子です)

今回植田代表が選出された「de:code 2019 MVPパーソナルスポンサー」とは、de:code 2019のセッション内容をより深く理解し実践するのに役に立つサンプルコードやツールを提供した人に送られます。

すべてのユーザーが最大限にマイクロソフトの製品やテクノロジーを活用できるよう多大なサポートをおこなったMicrosoft MVPアワード受賞者の中から選出されます。

植田代表は、今回MR技術およびMRヘッドセットHoloLensを活用した理科学習アプリをオープンソースとして公開し提供します。

フィール・フィジックスの会社情報

・会社名:フィール・フィジックス

・代表者:植田達郎

・業種:教育・学習支援

・本社所在地三重県四日市市中町8-13小谷方(Googleマップ)

・電話番号:080-4387-0629

・WEBフィール・フィジックス公式サイト

まとめ

今回紹介したアプリは、MR技術を利用することで、通常目には見えない現象をデジタルモデルとして現実世界に表示し見える化して、理科の理解をしやすくするものです。

こんなアプリが学生の頃にあればもっと理科が好きになれたかもしれないと思われた方も少なくないかもしれません。

実際、理科学習アプリを利用した国内外の子供達も、アプリのおかげで理科がわかりやすくなったとコメントしています。

5月29,30日に開催のマイクロソフトのITカンファレンスにおいて理科学習アプリがオープンソースとして公開されます。

MR技術、HoloLensの活用事例として大きく評価されたのだと思いますが、他の教科でも学習支援アプリが発展していくきっかけとなるかもしれません。

ソース:理科学習MRアプリがオープンソースとして公開[PRTimes]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む