VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARやVRのエンジニア育成や技術活用支援を!EON Reality Japan設立へ

米EON Reality Inc.とAVR Japan株式会社は、日本市場で教育、産業分野を中心にAR・VR技術を使用したソリューション展開を行う運営会社『EON Reality Japan株式会社』を設立したことを発表しました。


「EON Reality Japan株式会社」について

EON Reality Japan株式会社は、日本の産業・教育分野を中心にAR・VR技術を使用したソリューション展開を行う運営会社です。

AR・VR技術を世界各国の産業・教育分野に展開し、20年研究開発を行ってきたEON Reality社(米国)によって設立されました。

EON Reality社では、1999年の設立以降、AR・VRを用いたナレッジシェアリング業界のスタンダードとして、携帯電話から巨大な没入型ドームなど、様々なデバイスに対応するソフトウェアの開発が行われてきました。

世界27拠点に及ぶグローバルなアプリ開発ネットワークにより、60,000以上の3Dモデルと8,000以上のAR・VRアプリーケションの保有や4,000万以上のAR・VRプラットフォームのダウンロード実績があります。

「IDC Japan」と「VRイノベーションアカデミー」オープン

EON Reality Japan株式会社の設立に伴い、世界のAR・VR拠点ネットワーク『IDC HUB』の日本拠点として、AR・VR技術の利用を促進する施設「インタラクティブ・デジタルセンター(IDC Japan)」が2019年10月、東京タワーメディアセンター内に開設される予定です。

また、同施設内にて、エンジニア育成スクール「VRイノベーションアカデミー」の開講も予定されています。

EON Reality Italiaショールーム

EON Reality社 創業者 兼 会長 Dan Lejerskar氏 コメント

「IDCを東京に開設できる事は、我々にとって非常にエキサイティングなことです。

我々のAVRプラットフォームは、産業に於いてナレッジトランスファーの効率や仕事の生産性を飛躍的に向上させることが可能です。

学習や、トレーニング、パフォーマンス向上のためだけにAVR技術を使うのではなく、個人個人がAVRアプリを作成することで、日本だけでなく弊社のサービスを利用する様々な国のユーザーの方々にとって業務効率・ナレッジトランスファーの改善が可能になります。」

引用元:プレスリリース




「VRイノベーションアカデミー」について

VRイノベーションアカデミーでは、企業や教育用のAVRアプリケーションを作成するために必要なスキルを学ぶことができます。

カリキュラムでは、

・建築

・製品の視覚化

・ゲーム制作

・マルチメディアデザイン

・放送メディア

など、さまざまな分野が網羅されています。

このプログラムでは、学生は8ヶ月のトレーニングを受け、うちの4ヶ月間は、異なる市場セグメントで実際のプロジェクトに直接取り組みます。

コースの終わりには、学生は自分の意見を形にしたポートフォリオを持つことができます。

授業は英語で行わますが、日本語のフォローも可能です。

世界中のIDCエンジニアとグローバルコミュニケーションすることができ、希望者には英語のフォローアップレッスンも用意されています。

まとめ

AR/VR技術はいまやゲームの世界を超えて、従業員をトレーニングし、学生をよりよく教育するなどビジネスや教育にまで広がっています。

エンジニア育成スクールでは、プログラミング、デザイン、AVRアプリ開発が実地に近い状況で指導が行われるため、卒業生は身に着けたスキルにより、AR/VRソリューションを業界問わず企業に提案できる実践力を身につけることができます。

世界レベルのエンジニアが育成されることで、日本でもAR/VRの活用がさらにさまざまな分野に広がることでしょう。

ソース:「EON Reality Japan株式会社」プレスリリース[@Press]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む