VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

空間演出プロジェクト 「音声AR講座」がスタート!エイベックス・エンタテインメントと近畿大学が連携

エイベックスと近畿大学による音声AR講座がスタート

エイベックス・エンタテインメント株式会社(以下「AEI」)は、2019年6月10日(月)から近畿大学アカデミックシアターにて、空間演出プロジェクト「音声AR講座」をスタートさせることを発表しました。

AEIのクリエイティヴディレクターが講師を務め、様々な分野への応用が進んでいるARやVRについて教授していきます。

音声ARをはじめとするXRについてアイデアソンを実施し、優秀なアイデアに対しては実装化も検討していくとのことです。


「音声AR講座」とは?

音声ARの恐怖体験の様子

まず、「音声AR」とは、「位置情報」と音楽をはじめとする「音声情報」を組み合わせた音声による拡張現実(AR)によって、日常の新しい楽しみ方、新しい体験を演出していくソリューションのことです。

そして、今回開講される「音声AR講座」では、

・ AR、VRなどXRについて学び、知見を深める

・ 音声ARを用いたコンテンツの企画、制作体験を通じ、クリエイティヴの役割と可能性を広げる

・ クリエイションのフレームワークを学び、社会で活躍する人材育成を目指す

という3つのポイントに重点を置いて、XRというトレンドカテゴリーについての知見を深め、クリエイティヴな発想を養いながら、成果を世の中に発信していくプログラムです。

講師をAEIのクリエイティヴディレクターが務め、講座を通して学生が実際に音声AR模擬体験ソフトを開発していく内容になっています。

また、6月3日(月)には、「音声AR講座」開講に先駆ける形で、音声AR「恐怖体験」の体験会がアカデミックシアターで行われ、多くの学生が参加しました。

「音声AR講座」開講の背景

エイベックス・エンタテインメントと近畿大学の協同

これまでAEIは、音楽制作やライブ演出で培ってきたクリエイティヴに関する様々なノウハウを、音楽以外の様々な領域に活用し世の中に新しい体験や価値観を生み出す活動を行ってきました。

また、地域の新しい価値を民主的に生み出していく新しい地方創生のアプローチとして、エンタテインメントによる地方創生や社会課題の解決をテーマに、イベントの企画やコンテンツ(IP)開発を地域学生や企業、自治体と行っています。

今回そんな取り組みの一環として、学生が主体となり産学連携したアカデミックシアターACTプロジェクトを展開している近畿大学とともに、AEIのクリエイティヴに関するノウハウや、新しいエンタテインメントの事業を活用して課題解決に取り組む講座を展開することになりました。



エイベックスによる音声AR体験事業「SARF」とは?

音声AR体験事業SARF

今回の「音声AR講座」を通して生まれたアイデアの中で優秀なものは、エイベックスの音声AR体験事業「SARF」で採用される可能性もあると考えられます。

「SARF(Sound Augmented Reality Factory)」事業とは、音楽の新しい楽しみ方、新しい体験を、ARの仕組みを用いて演出する取り組みのことです。

これまで「音楽」に限定していた「定額制音楽ストリーミング配信サービス」を「音声全般」に拡大しすることで、「音声AR体験」の社会への実装・普及を目指していくものです。

既存の「IoT デバイス」と、現行の定額制音楽ストリーミング配信サービスを組み合わせることによって、これまでに無い拡張現実を、様々な社会ソリューションやエンタテインメント・コンテンツとして、リリースしていくことを目指すとしています。

SARFの説明動画

「音声AR講座」開催概要

日時:2019年6月10日(月)・17日(月)・24日(月)・7月1日(月)各日18:30~20:30

場所:近畿大学アカデミックシアター 3号館301教室
大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)

対象:近畿大学学生27人

まとめ

エイベックス・エンタテインメントと近畿大学が協同で「音声AR講座」を開講することになりました。

エンタメ系の企業が産学協同を行うというと珍しいように思われますが、XR分野に関してはやはり今回のエイベックスのようなエンタメ企業が活用ノウハウが豊富なのでしょう。

「音声AR講座」では学生からのアイデアをどんどん出すことが求められており、優れたアイデアはARを活用した社会ソリューションの開発を目指すSARF事業にも採用される可能性があるようです。

良いアイデアが出て、さらにARが発展普及することにつながることに期待したいですね。

ソース:「音声AR講座」スタート[PRTimes]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む