VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【後編】「VRとARをシームレスに統合!『XR-1』が産業向けデバイスとして登場」など注目記事を振り返り!!

2019/06/16 13:00

VRニュースイッキ見_6月16日_後編アイキャッチ画像

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(6月7日〜6月13日) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-162073/


①Vive Pro Eyeが欧州につぎ米国でも発売開始!

VRニュースイッキ見Vive Pro Eyeが欧州につぎ米国でも発売開始

今年5月に欧州で発売が開始されたHTCの新型ヘッドセット「VIVE Pro Eye」がアメリカでも発売されることになりました。

VIVE Pro Eyeは、ユーザーの視線の動きを追跡するアイトラッキング機能や肉眼での視野を再現するフォービエイテッド・レンダリング機能を搭載するなど、高機能なヘッドセットとして話題になっていました。

なお、日本国内での販売については現時点では未定とのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-161471/

②Amazonにもバーチャルメイクが登場!AIとARの技術でメイクアイテム試用が可能に

VRニュースイッキ見Amazonにもバーチャルメイクが登場

Eコマースでメイク道具を購入する際困るのが「実際に試せない」ということですが、Amazonがバーチャルでメイクアップアイテムを試せる新機能「バーチャルメイク」を導入し話題となっています。

今回登場した「バーチャルメイク」は、AI技術とARを活用してスマートフォンのライブ動画や自撮り写真にメイクの仕上がりを投影することで、メイクアップアイテムを試すことができます。

「バーチャルメイク」はAmazonモバイルサイトおよびショッピングアプリで利用でき、日本ロレアル、資生堂、カネボウ、コーセー、花王の5社計18ブランド、890点以上のアイテムが対象となっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-161533/

③MRで医師と患者のコミュニケーションを支援!アステラス製薬とマイクロソフトが提携

VRニュースイッキ見MRで医師と患者のコミュニケーションを支援

病気の治療においてはインフォームド・コンセント、医師から病気や症状についての説明をしっかり受けることがとても重要ですが、骨粗しょう症など一部の病気では、治療や服薬意義への理解不足から治療を受けて服薬を継続することができていないという問題があります。

そこで、アステラス製薬株式会社と日本マイクロソフト株式会社は、MRを活用した医師と患者のコミュニケーションを支援するためのソリューションの開発を行うことを発表しました。

MRを使って患者に病気やその治療の意義などを理解してもらうためのコンテンツや、治療にあたる医師のコミュニケーションを効果的に行うソリューションを開発し、2020年以降に実用化される予定となっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-161590/



④世界40ヶ国の大臣たちがVRで宇宙体験!G20会合でYspace社が宇宙VRを出展

VRニュースイッキ見世界40ヶ国の大臣たちがVRで宇宙体験

VRで宇宙開発の促進を目指している合同会社Yspaceは、今月8日~9日につくば市で開催された「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」に、宇宙VRを出展したことを発表しました。

宇宙VRとは宇宙に関する情報の科学的根拠に基づいて制作されたコンテンツで、教育用途や宇宙開発のツールとして活用が期待されています。

今回Yspaceは日本のVRの技術を代表する企業として参加し、各国の大臣や閣僚たちも事業内容について真剣に説明を受けたり、会合の休憩時間を利用して宇宙VRの体験を積極的に行うなど好意的な反応を見せていました。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-161769/

⑤VRとARをシームレスに統合!「XR-1」が産業向けデバイスとして登場

VRニュースイッキ見VRとARをシームレスに統合する新型ヘッドセット「XR-1」

デバイスの使用中にVRとAR両方を切り替えることができる新型ヘッドセットが登場し大きな話題となっています。

フィンランドのVRハードウェアメーカーのVarjoが開発した「XR-1」は、高解像度を誇る同社の「VR-1」にデバイス内蔵のカメラを通してAR表示するビデオパススルー機能を搭載し、高精度のARに対応できるようにしたものです。

既に自動車会社のボルボ車がXR-1を導入し、インテリアデザインやドライバー体験の開発に利用されています。

なお、日本国内での販売は現在のところ未定です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-161654/

まとめ

今週後半は技術開発系のニュースが中心となりました。

中でも注目を集めたのは、VRとARをシームレスに統合するという「XR-1」のニュースでした。

ARとVRの良いとこ取りをしたようなヘッドセットといった印象ですが、既にボルボでは2108年の夏から導入し様々な分野で活用しているとのことです。

安全な自動車を一貫して作り続けているボルボだからこそ、低コストかつ事故の危険なく開発や実験が行えるXR-1が活躍できるのではないでしょうか。

開発者、事業者向けのヘッドセットですが、これから多くの企業による活用事例が増えるかもしれませんね。

もちろん、XR-1の上位モデルや一般ユーザー向けのモデルのリリースも今後期待したいところです。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む