VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「ほんやくコンニャク」がついに実現?ARによるリアルタイム翻訳アプリが登場

2019/06/23 18:00

グーグル翻訳でも使用されている機械翻訳技術は日々向上しており、最近では微妙なニュアンスを含んだ文章でもこなれた翻訳が可能になりつつあります。

こうした翻訳技術をARに活用して、相手が喋る言葉をリアルタイムで翻訳して、AR表示するアプリが登場しました。


相手の言葉をリアルタイムに翻訳してAR表示

同アプリを開発したのはスマートグラスメーカーのVuzix(ビュージックス)で、開発にあたって米国の携帯電話事業者ベライゾンと、コミュニケーションプラットフォーム企業のZoi Meetと提携しています。

翻訳文をリアルタイムでAR表示

アプリはスマートグラス「Vuzix Blade」に対応しており、合計で12言語をリアルタイムで翻訳出来ます。

対応言語は日本語を含め、英語、アラビア語、中国語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、また韓国語、ポルトガル語、スペイン語などに対応しています。

独自開発による音声認識技術と翻訳技術を使用しており、相手や自分が発した言葉が、指定した言語に即時に翻訳されて、スマートグラスのディスプレイにAR表示されます。

翻訳精度は実用に耐えるレベルか

同アプリは先日、米国ニュージャージー州で開催されたVerizon Tech Dayイベントにてデモ展示が行われています。

デモでは、日本語を始め様々な言語をスマートグラスを介して翻訳する様子を紹介していますが、翻訳文を見る限り文章が前後逆になって不自然な訳になったりなど、完全にこなれた翻訳が出来る訳ではないようです。

ですが、文章の基本的な意味を把握できる水準の翻訳は可能のようで、実用には十分耐えられそうです。特に、世界中の様々な言語を翻訳できる機能は便利ですね。

ビジネス、観光などで活用

こうした、様々な言語にリアルタイム翻訳ができる機能は、様々な分野での活用が見込まれています。

Vuzixによると、本アプリは主に海外出張の際に現地の人間とコミュニケーションを取る時や、海外旅行時などで役に立つと述べています。

また、VuzixのCEOであるPaul Travers氏は、

旅行やビジネス目的などでVuzix Bladeを使用する際、ARによるハンズフリーな翻訳機能を使えることは、特に対面でのコミュニケーション時において大きなゲームチェンジャーになります。

と述べており、翻訳機能がスマートグラスにとって重要な機能になると述べています。

翻訳アプリ「Zoi Meet」は2019年7月のリリースを予定しており、Vuzixのアプリストアにて公開を予定しています。



Vuzix Bladeについて

Vuzix Bladeは重さ約90グラムの薄型のスマートグラスで、メガネ感覚で身に着けられる軽快さが特徴です。また、「Magic Leap One」のように外部デバイスを必要とせず、デバイス単体で動作します。

単体で動作するスマートグラス

対応アプリはスマートグラスから直接操作することが可能で、フルカラーの映像や情報をディスプレイ表示します。

同社が独自開発したウェーブガイド技術を使用した光学シースルーディスプレイと、光学エンジンを採用しており、内蔵のHDカメラによる写真撮影も可能です。

スマートフォンとも連携可能

また、Vuzix Bladeはスマートフォンとの連携も可能で、電話やメールなどの操作をハンズフリーで行えます。

iOS、Android端末両方に対応しており、コンパニオンアプリをApp Store、Google Playで公開しています。スマートグラスのWi-Fi接続やカスタマイズなどを、スマートフォンを介して手軽に行えます。

電話やメールなどの操作をスマートグラス上で行うため、いちいちポケットからスマートフォンを取り出す必要がありません。また、Vuzix Bladeで撮影した写真をSNSに投稿できるなど、操作性の高さも実現しています。

まとめ

様々な言語を自動翻訳する機能は進化を遂げており、最近ではGoogle翻訳の精度はかなり向上しました。

こうした翻訳技術の進化は、ARにも重要な影響を及ぼしています。スマートグラスVuzix Blade向けに開発された翻訳アプリでは、喋っている言語をリアルタイムで翻訳して、翻訳文をAR表示します。

翻訳可能な言語は12言語で、日本語にも対応しています。翻訳精度は完璧ではないもの、実用には十分耐えうるレベルのようで、アプリは2019年7月のリリースを予定しています。

海外出張や旅行で訪れた国で英語が通じなかったり、標識や地下鉄に書かれた現地の言葉の意味もすぐに把握できるので、ドラえもんのひみつ道具「ほんやくコンニャク」が実現したと言えますね。

参考サイト:VRScout









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む