VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」が米国で先行配信!日本語版は間もなく

J・K・ローリング原作のファンタジー小説「ハリー・ポッター」を題材にしたARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟(Harry Potter: Wizards Unite)」が先日発表され話題になりました。

本作は日本語版も発表されていますが、米国の一部地域では先日から配信をスタート、日本でも間もなく公開予定です。


ハリー・ポッターのARゲーム、米国で先行配信

「ハリー・ポッター:魔法同盟」はモバイルARゲームで、iOS、Android両方に対応しています。

本作の開発は「ポケモンGO」で知られるNianticが手掛けており、ワーナー・ブラザーズとの提携によって開発されました。

ハリー・ポッターの世界をARで体験

「ハリー・ポッター:魔法同盟」では、原作に登場する魔法やキャラクターを、ARによって現実世界で体験できます。

プレイヤーは、魔法界の存在がマグル(魔法が使えない普通の人間)に知られてしまう危機を回避すべく、国際機密保持法に直轄する魔法使いとしてゲームをプレイします。

プレイヤーはゲームの中で世界の謎を解き明かし、呪文を唱えて、魔法動物やおなじみのキャラクターと出会い、現実世界を舞台にした冒険を楽しめるとのことです。

本作の世界観は「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」に登場する「魔法ワールド(Wizarding World)」を題材にしており、上掲のティザー動画でも原作に登場するキャラクター「スニッチ」が登場します。

米国では先行配信を開始

記事執筆時点で、日本では未だ事前予約を受け付け中ですが、米国の一部地域では既に同タイトルの配信を開始しています。

米国・英国では2019年6月21日の公開予定でしたが一日前倒しとなり、既にカリフォルニア州ではダウンロード可能になっています。

iOS・Android版ともに日本では未公開で、具体的なリリース予定は明らかにされていませんが、米国で配信スタートしたこともあり、近日中に公式Twitterにて続報が発表されるものと思われます。

ポケモンGOなどの数々のヒット作ARゲームを手掛けたNianticなだけに、本作の内容も期待できそうです。



モバイルARゲームの元祖「Ingress」も忘れずに!

ポケモンGOやハリー・ポッター:魔法同盟で知られるNianticは、モバイルARの知名度が低かった頃からヒット作モバイルARゲームを世に出しており、モバイルARゲーム市場をリードする存在です。

そんな同社の第一作目である「Ingress」も、モバイルARゲームの元祖として日本でも根強いファンが存在し、そのディープな世界観はアニメ化もされています。

「Ingress」も要チェック!

Nianticは2010年にGoogleの社内スタートアップとして発足し、2015年に独立。2016年にはポケモンGOの発表で一世を風靡しています。

Ingressは、同社がまだ社内スタートアップだった2012年に発表したゲームですが、先日はリニューアル版「Ingress Prime」の配信もスタートしています。

その高いゲーム性も相まって、既に2,000万回以上ダウンロードされており、日本を含む200ヵ国以上にプレイヤーを持つ、知る人ぞ知る的なタイトルです。

「Ingress Prime」でゲーム内容が幅広く

Ingressでは、プレイヤーは2つの陣営に分かれて、町中のあちこちに存在する「ポータル」にアクセスしながら陣取り合戦をします。

この基本ルールはそのままに、2018年11月には6年ぶりとなるアップデートが追加。リニューアル版のIngress Primeでは各種新機能が追加され、インベントリの編集や新規プレイヤー向けのトレーニング機能なども追加しています。

アニメも公開中

また、本作のディープな世界観をテーマにしたアニメも公開されており、「INGRESS THE ANIMATION」は現在Netflixでも視聴できます。

作中にはバーチャルユーチューバーのキズナアイもゲスト出演するなど、本作のプレイヤーでなくても楽しめる内容となっています。

まとめ

ハリー・ポッターが題材のモバイルARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」が米国で先行配信を開始しました。

日本でのリリース予定は未公表ですが、公式Twitterでは近日リリースを示唆するツイートがされていることからも、日本版の公開はもう間もなくと思われます。

開発はポケモンGOを手掛けたNianticであるだけに、クオリティの高いAR体験が出来るゲームとして要注目です。

知名度的にはまだまだ定着したとは言えないモバイルARゲーム市場ですが、Niantic製のタイトルをはじめ、先日はマインクラフトをARでプレイする「Minecraft Earth」も発表されています。

幅広いプレイヤーが遊べる様々なARゲームが登場しつつあり、モバイルARゲーム市場の動向にはより多くの注目が集まりそうです。

参考サイト:UploadVR









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む