VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

8Kの360°VR映像にCGを融合!「パノラマ超エンジンSDK」新バージョンの販売開始

NTTテクノクロス株式会社は、高精細な8Kの実写映像とCGを融合可能にしたVRストリーミング配信ソフトウェア開発キット「パノラマ超エンジンSDK Version 3.0」を2019年6月27日から販売することを発表しました。


「パノラマ超エンジンSDK Version 3.0」の特徴

8Kの実写映像とCGを融合、実技研修など様々な分野に活用できる

Unity開発環境下で「パノラマ超エンジン」の利用を可能にするAndroid/iOS用プラグインが提供され、高精細な8K実写映像とCGを組み合わせることが可能になりました。

360°の実写映像に、注意書きや具体的な指示をCGで表示させることが可能となり、職業訓練などへの活用の幅が広がっています。

複数のカメラ動画を瞬時に切り替え、立体音響で臨場感を向上

複数の視点から撮影された動画をスムーズに切り替える機能が追加され、視聴者の好みの視点でストレスなく視聴できるようになりました(特許出願中)。

さらに、立体音響にも対応し、視線方向に合わせて音源が移動するように感じることができます。

これにより臨場感が向上し、その場にいるようなリアル感が得られ、イベントや音楽ライブなどでの活用が期待できます。

低ビットレートでも、高精細な360°動画を実現する「パノラマ超エンジン」

「パノラマ超エンジン」は、データ通信量を抑えながら、高精細な360°パノラマ動画の配信を実現するアプリ開発者向けソフトウェア開発キットです。

視聴者が見ている領域は高画質のまま、それ以外の非視聴領域は画質を落として配信することで、スマートフォンであっても8K以上の高精細360°パノラマ動画の視聴ができるようになりました。

www.ntt-tx.co.jpより引用

圧倒的な高画質!8KVR配信が可能

データ容量が大きい、画質が粗いなど、360°動画ストリーミング配信で生じる課題を解消できます。

視聴領域により、画質を調整するため、全周8K動画でも再生が可能で、ズームしても高画質なまま、ダウンロードを待つこともありません。

3D高画質配信が可能

3D撮影された360°動画も高画質配信が可能です。

音楽、スポーツなど、被写体の立体感・距離感が増すことで臨場感の高いVR映像が体験できます。

※パノラマ超エンジンは、NTTメディアインテリジェンス研究所の配信技術が使用されています

価格:開発ライセンス100万円(税別)~

詳細:製品情報ページ



出展情報

「パノラマ超エンジンSDK Version 3.0」製品を利用したVR視聴システムは、2019年7月17日から青海展示棟で開催される第2回5G/IoT通信展に展示されます。

第2回5G/IoT通信展 概要

会期:2019年7月17日(水)~19日(金)10:00~18:00(19日は17:00まで)

会場:東京ビッグサイト青海展示棟

主催:リード エグジビション ジャパン(株)

詳細:5G/IoT通信展公式サイト

パノラマ超エンジンSDK 開発の背景

NTTテクノクロス社は、VRの再生に必要な処理負荷を大幅に低減させることで、スマートフォンでも8K高画質で臨場感のある高精細360°パノラマ動画視聴を可能にする独自技術「パノラマ超エンジン」を2017年12月に販売を始め、観光やエンターテインメント分野で利用されています。

撮影技術・制作技術が高度化し、VRヘッドマウントディスプレイをはじめとした視聴デバイスも年々進化を続けています。

職業訓練や実習などへのVR利用が広がり、高精細実写映像とCGを融合させたアプリケーション開発など、xRの需要がますます高まっています。

NTTテクノクロス社は、このような需要にいち早く応えるため、さまざまな機能や素材を活用したxRコンテンツの制作を容易化し、より臨場感の高い「パノラマ超エンジンSDK Version 3.0」の提供に至りました。

まとめ

VRを活用した職業体験や、研修が製造業界や医療分野まで広がっています。

VR映像だけでも、臨場感や没入感により体験として視聴者により多くのことを伝えることが可能となります。

社会的な人手不足により、人材育成や技術の継承が課題となるなか、「パノラマ超エンジン」のような新しい技術が活用されれば、問題解決へつながることが期待できますね。

ソース:「パノラマ超エンジンSDK Version 3.0」に関するプレスリリース[NTTテクノクロス株式会社]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む