VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus年次イベント「Oculus Connect 6」が9月開催!ARに関する新情報も!

Oculusの年次イベント「Oculus Connect」が、今年の9月に開催されます。

今年のOculus Connectでは、かねてから話題になっていたFacebookのスマートグラスが発表されるとの噂もあり、注目を集めています。


OC6が9月に開催、今年はARに関する発表が?

通算6回目となる「Oculus Connect 6(OC6)」は、2019年9月25~26日にかけて、カリフォルニア州サンノゼマッケンナリー会議センターにて開催されます。

世界中のVR/AR関係者が注目するイベント

Oculus Connectは主に開発者、クリエイター、VR愛好家向けに開催されているイベントです。

昨年のOC5では、一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」や、より表情豊かなアバターを実現する「Expressive Avatars」などの主要デバイス・技術を発表しており、同社の最新動向の発表会として世界中で話題になっています。

OC6ではARもテーマに

これまでのOculus ConnectはVRがメインのイベントでしたが、今年のOC6は従来とは趣向の異なるイベントになりそうです。

というのも、OC6ではVRに加えてAR関連の発表を行うかもしれません。イベントの公式サイトでは、

我々が作り上げてきた未来が、ここから始まります。(OC6は)我々の成果物のポテンシャルについて、より大きく考え、スマートに創造し、ポテンシャルを実感するための場です。今年は、我々のVRとARの新たな章の幕開けに参加することになるでしょう。

と、ARに関しても言及しています。具体的に、ARに関するどのような発表がされるかは定かではありませんが、Facebookが開発中のスマートグラスが発表されるのでは、という噂が出ています。

Facebookが開発中のスマートグラス

Facebookは2014年に、当時スタートアップ企業だったOculusを買収しており、同社の親会社であることでも知られています。

そんなFacebookは、現在独自のスマートグラスを開発していることが知られており、2018年にTechCrunchで行われたインタビューで明らかになっています。

我々はハードウェア製品を開発しており、目標に向かって邁進中です。こうした(AR)グラスを実現したく、そのための目標を達成するために、自分たちの役割を果たしたい。

と述べているのは、同社のAR事業の主任を務めるFicus Kirkpatrick氏です。

同社が開発中のスマートグラスは、「HoloLens」「グーグルグラス」などの産業向けデバイスとは異なり、一般ユーザー向けのスマートグラスであると言われています。

AR開発チームを強化中

スマートグラス開発に際して、FacebookはOculusとの連携を緊密にしており、両社はAR開発に携わるエンジニアを多数募集しています。

また、2019年1月にはARデバイス開発に特化した専任チームを設立しており、数百人の従業員が同チームに異動したことを、Business Insiderが報じています。

OC6でスマートグラス発表の可能性

ですが、一般ユーザーが手軽に使えるスマートグラスとなると、産業用途向けのデバイスとは異なり軽量・薄型にする必要があり、したがって使用する技術も高度化・複雑化するため、デバイス開発には時間を要します。

Business Insiderによると、Facebookは当初2020年頃に製品発表する予定でしたが、その後予定が延期し、2022年頃になると述べています。

このため、OC6でスマートグラスが発表される可能性は低いと考えられますが、同イベントでARに関して何らかの発表がある可能性は高いでしょう。



VRに関する新製品発表は?

一方で、VR関連の発表もOC6の目玉であり、先日発売された「Oculus Rift S」に次ぐ新型デバイスが登場するかもしれません。

可能性の一つが「Half Dome」というコードネームのVRヘッドセットです。これは広視野角(140度、Oculus Riftは110度)のデバイスで、ディスプレイが可動することで「可変焦点」を実現します。

可変焦点によって、VR内の映像をより自然に表示できる「フォービエイテッド・レンダリング」が可能になります。

Facebookは同手法を取り入れた「Deep Focus」という独自のディスプレイ技術を開発しており、Deep Focusを実装したHalf Domeが製品化されれば、Oculusにとってのブレイクスルー製品になりそうです。

まとめ

今年9月に開催されるOculus年次イベント「Oculus Connect 6」では、VR以外にもARに関する発表が行われそうです。

Facebookはかねてから独自のスマートグラスを開発しており、同デバイスに関する何らかの新情報がもたらされるかもしれません。

また、画期的なVRヘッドセット「Half Dome」の製品版が発表される可能性もあり、今年のOC6も要注目のイベントになりそうです。

参考サイト:VRScout









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む