VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【後編】「『ほんやくコンニャク』が実現?ARによるリアルタイム翻訳アプリ登場」など注目記事を振り返り!!

2019/06/30 13:00

VRニュースイッキ見_6月30日_後編_アイキャッチ画像

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(6/21〜6/27) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-163159/



①VR環境でアニメ制作が可能に!「MARUI」が3Dアーティストとコラボしアニメーション機能を開発!

VRニュースイッキ見_「MARUI」が3Dアーティストとコラボしアニメーション機能を開発

MARUI-PlugInは、自社で開発する3Dデザインツール「MARUI」についてアニメーション機能の開発を実施することを発表しました。

「MARUI」とは、ゲーム・アニメーション・VFX・VRスタジオを中心に導入されている「MAYA」のVRプラグインで、今回のプロジェクトはMarvelシリーズやDisney作品の制作にも携わってきた3DアーティストMatias Zadicoff氏とコラボレーションで行われます。

Matias氏によると、MARUIを使うことで3Dオブジェクトが目の前に本当に存在しているかのように直感的に形状を認識しデザインすることができ、座りっぱなしの作業から解放されるため、クリエイティビティを発揮しやすくなるとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-162879/

②AR技術で月の魅力に迫る!スマホをかざすと月に関する情報が浮かぶ「LUNAR Pro」販売開始

VRニュースイッキ見_スマホをかざすと月に関する情報が浮かぶ「LUNAR Pro」販売開始

6月22日、Glotureはスマホをかざすと月に関するあらゆる情報が浮かぶAR技術対応の月の模型「LUNAR Pro」の販売を開始したことを発表しました。

「LUNAR Pro」とは、AstroReality社によって作られた、直径120mm、1.3kgの精密で美しい月の模型で、AR技術にも対応していてスマホをかざすと月に関するあらゆる情報が浮かぶのが大きな特徴です。

インテリアとして高品質なだけではなく、画像・映像とともに月に関するあらゆる興味深い事実、雑学を学ぶことができる「LUNAR Pro」は、Glotureの自社ECサイトGLOTURE.JPで販売されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-162919/

③ARを使って飲食店情報を検索!iOS向けアプリ「meshiqoo」事前登録開始

VRニュースイッキ見_ARを使って飲食店情報を検索できるiOS向けアプリ「meshiqoo」

mofmofは、6月20日、スマホのカメラ越しに周辺の飲食店情報を検索できるアプリ「meshiqoo」の事前登録を開始しました。

「meshiqoo」は、街中でスマホをかざすとカメラ越しに周辺にある飲食店の情報を表示し、飲食店のジャンルや予算などに加えて、メニューや口コミなどを見ることができます。

「meshiqoo」はiOSに対応しており、現在は夏頃のリリース予定に伴って事前登録を受け付けている段階です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-162934/



④新たな女性VTuberを募集へ!OPEN BETAがオーディションを開催

VRニュースイッキ見_OPEN BETAが女性VTuberのオーディションを開催

VTuber事務所「OPEN BETA」に所属する新人女性VTuberのオーディションが開催されることがわかりました。

「OPEN BETA」を運営する株式会社ZIGが発表したもので、「OPEN BETA」が得意としているASMRに特化した女性VTuberを募集しています。

女性VTuberといっても、応募条件では性別や経験は不問となっていて、その他応募条件はありますが、動画や配信でファンに寄り添って心地の良い時間を共に過ごすことができるような人材を募集していきたいとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-162966/

⑤「ほんやくコンニャク」がついに実現?ARによるリアルタイム翻訳アプリが登場

VRニュースイッキ見_ARによるリアルタイム翻訳アプリが登場

グーグル翻訳などの機械翻訳技術とAR技術を組み合わせ、相手が喋る言葉をリアルタイムで翻訳して、AR表示するアプリが登場し話題となっています。

開発したのはアメリカのスマートグラスメーカーVuzixで、日本語も含めた12言語に対応し、翻訳の精度も観光やビジネスなどで十分実用に耐えうるレベルにあるとしています。

翻訳アプリはVuzixのスマートグラス「Vuzix Blade」に対応し、2019年7月にVuzixのアプリストアにて公開が予定されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-162681/

まとめ

今週後半はAR関連のニュースが中心になったような印象があります。

昨日紹介したニュースの中にもARアプリの話題があったように、最近はARに関してもアプリやコンテンツも増えており、勢いを感じます。

楽しいアプリだけではなく、暮らしを豊かにする便利アプリも多く、スマホやタブレットさえあれば簡単に利用できるので、ARはXR技術の中でもとっつきやすい技術といえるかもしれません。

きっかけは何にせよ、ARを通じて利用者と開発者の双方がXRの良さをさらに引き出していければ、ARだけでなくVRやMRに関してもさらなる発展や普及につながっていくと思います。

今後もさらなるアプリやコンテンツの登場に期待したいですね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む