VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

介護の「現場力」をVRで集中体験!介護研修VRサービス「ケアブル」介護事業者向けに提供開始

株式会社ジョリーグッドは 、国内の訪問・在宅介護や特別養護老人ホームなどの介護に関わる事業者向けに、介護職員の「現場力」をVRで教育する介護研修VRサービス「ケアブル」を開発したことを発表しました。

本サービスのVRコンテンツは、社会福祉法人善光会の監修により制作されています。


介護研修VRサービス「ケアブル」とは

「ケアブル」は、介護職員と被介護者、両方の立場を当事者目線でVR体験することで、現場力をトレーニングできるVRサービスです。

介護をしている職員目線で日常の中にある危険を察知する「危険予知」や、被介護者目線で介護職員の対応のポイントを体験できる「認知症理解」など、20以上の介護現場体験VRコンテンツが揃っています。

現実の介護現場を高精度VR化し、当事者目線で体験することで、介護の初任者に必要な「現場対応力」を育成できる内容となっています。

また、本サービスのVRコンテンツは、社会福祉法人善光会の監修により制作されています。

介護の人材不足、早期離職の原因は「育成環境不足」

現在、介護職員の約7割、訪問介護員の約8割が人手不足であるという現状があり、この原因の一つに、新人スタッフの教育が十分に実施できていない「育成環境不足」があります。

「ケアブル」は実際の介護の現場で起こるさまざまなシーンをVRでリアルに再現し、先輩職員の時間を拘束することなく、介護現場で起きるさまざまな問題を体験・理解し、その対処法を学ぶことができます。

VRだからできる介護の「現場力」トレーニング

「ケアブル」で体験可能なトレーニングには次のようなものがあります

1.危険予知

被介護者についての申し送り事項をヒアリングした後、VRで再現された施設内での活動中に潜む危険を制限時間内で探し出すトレーニング。

2.認知症対応

認知症の被介護者とのコミュニケーションを被介護者目線で体験します。

帰宅願望や入浴拒否など、施設で日常的に起こりうる場面をVRで再現しています。

被介護者の立場で介護職員の対応を見ることで、認知症への理解とその対応・コミュニケーション方法について認識をを深めるトレーニング。

3.不測事態対応

心肺停止やノロウィルスなどの感染症での嘔吐、転倒での出血など、発生頻度の低い不測事態を体験します。

これらの事案が発生した場合にスムーズに動けるメンタルを鍛えるトレーニング。

応募者が増える「介護採用VR」と被介護者向け「回想法リハビリVR」もセットで提供

「ケアブル」のスタンダードプランは、「介護研修VR」の他に、採用イベントなどで活用できる「介護採用VR」と、全国各地の観光地などのVR旅行を通して被介護者のリハビリやレクリエーションイベントなどに活用できる「回想法リハビリVR」が合わせて提供されます。

介護採用VRについて

普段目にする機会の少ない介護の仕事の魅力をVR化し、求職者に向けて有効活用することができます。

就職イベントでVR体験を提供することで応募率が30%以上向上した事例もあり、また仕事内容や教育環境をリアルに体験することで求職者の不安を解消することができ、ミスマッチによる離職を防ぎます。

回想法リハビリVRについて

ジョリーグッド社がこれまでに制作してきた全国各地の観光地などのレジャーVRコンテンツを介護施設の利用者に体験がしてもらうことできます。

VR旅行体験によって、昔訪れたことがある場所の記憶や想い出を語り合う場を創出できます。

施設のレクリエーションイベントだけでなく、訪問介護の回想法リハビリの一環として活用することも可能です。

▲東北福祉会 せんだんの里にて行った回想法リハビリVRのレクリエーションイベントの様子





「GuruVR Multi Seminar」で1対多のVR集合研修に対応

「ケアブル」でのVRトレーニングは、ジョリーグッド社が開発した集合VR研修ソリューション「GuruVR Multi Seminar」により、1対多の集合研修も可能となっています(スタンダードプラン以上が対象)。

本システムでは、講師が一斉に複数の受講者のVRを操作できるだけでなく、トレーニング中の視点を解析して受講者の理解度をスコア化することができます。

事業者側として、各スタッフのトレーニングの受講履歴や理解度を把握できることで、個々の職員に最適な育成環境の提供ができます。

VRならではの「わかりやすさ」と「気づき」が生まれる研修に

善光会の特別養護老人ホームで行われた集合研修のアンケートの結果から、受講者の97%が通常のケーススタディより「わかりやすい」「とてもわかりやすい」と回答しました。

さらに、受講者全員が、上司や同僚、部下にVR研修を勧めたいと答えています。

また、被介護者の目線をVRで体験できたことで「横になっている方への目線をもう少し低くしようと思う」、「話しかける時の目線、表情、声のトーンなど、少しのことでお客様が不快になったり、不安になることが体感できた」など、普段の被介護者への接し方について気づきが生まれる効果がみられました。

20社限定の介護事業経営層向け特別講座を開催!

ジョリーグッド社は、人材についての課題に向き合い、本気で介護経営を改善したいと考える介護事業経営層に向けの「VR介護人材経営戦略特別講座」を開講します。

当日は「ケアブル」のVRコンテンツプログラムを自由に体験することができ、それぞれのプログラムを実際の現場でどう活かすことができるかなど具体的な手法の説明があります。

「ケアブル」のプログラムを開発したチーフプロデューサーと、監修を担当した善光会のサンタフェ総合研究所のキーマンらが登壇し、VRによる人材課題の解決法や経営戦略としてのVR活用法を解説・指導します。

VR介護人材経営戦略特別講座 概要

開催日時:2019年8月29日(木)

体験展示:16時~

セミナープログラム:17時~19時

開催場所:東京都中央区堀留町1-8-11 人形町スクエア3F 株式会社ジョリーグッド

参加費:8,000円

特別講座参加:参加登録フォーム

「国際モダンホスピタルショウ2019」概要

開催日時:2019年7月17日(水)~19日(金)10時~17時

開催場所:東京ビッグサイト 南展示棟(ブース番号:B-12)

入場料金:案内状の入場カード持参者、及び事前登録者は無料 ※基本入場料3,000円(税込)

詳細:国際モダンホスピタルショウ2019公式サイト

【講演】

テーマ:VR×5Gで変わる!介護・医療の現場革命

開催日時:2019年7月19日(金)15時15分~16時

開催場所:東京ビッグサイト 会議棟(605会議室)

スピーカー:ジョリーグッド代表取締役CEO 上路健介

料金:無料 ※事前登録制

申込方法:セミナー申し込みフォーム

まとめ

これまで職業体験VRや訓練・研修用VR、また介護施設でのレクリエーションとしてのVRの活用事例などを紹介してきましたが、この介護研修VRサービス「ケアブル」は、これらが網羅され、介護現場でVRを最大限に活用する内容となっています。

職業訓練VRでは、技術者の視点でVR体験するものが多いですが、「ケアブル」では、介護職員、被介護者の両方の立場で体験できることが、VRならではであり、有効活用されています。

実際に福祉施設を運営する社会福祉法人 善光会が監修を行っていたり、効果検証については東北福祉会「せんだんの里」でも実施するなど現場の状況がリアルに伝わる内容となっていて、まさに「介護現場の革命」となりそうですね。

ソース:介護研修VRサービス「ケアブル」に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む