VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

スマホ1つで3Dキャラの作成から撮影までが可能に!「VRoidモバイル」リリース

イメージ

ピクシブ株式会社は2019年7月18日(木)、3Dキャラの作成だけでなくARを使って撮影までできるスマホアプリ「VRoidモバイル」を同日から提供開始することを発表しました。


「VRoidモバイル」とは

「VRoidモバイル」は3Dキャラクターモデルを手軽に作成できるだけでなく、ARを使って現実空間や3D空間でキャラクターを撮影することができるスマホアプリです。

去年にリリースされて以来人気を誇っている3Dキャラメーカー「VRoid」のアプリ版です。

今までのVRoidと違うところは

3Dキャラクターの撮影時にボケ加工(被写界深度)の変更ができるカメラ機能

豊富な画像加工フィルターを備えている

点であり、誰でも手軽に”エモい”キャラクター写真「アバターフォト」を撮影することができます。

イメージ

「VRoidモバイル」iOS版

「VRoidモバイル」Android版

アプリならではの2つの特徴

VRoidモバイルには、

キャラメイキング機能

アバターカメラ機能

が搭載されており、VRoid本来の「3Dキャラを作れる」だけでなく、スマホに搭載されているカメラを使った撮影までもが可能です。

3Dキャラメイキング機能

スマホ1台さえあれば、誰でも手軽にこだわりのオリジナル3Dキャラクターモデルを作ることができます。

イメージ

3Dキャラの部品は顔・髪・身体の一覧から選択するだけで作ることができ、あとは瞳や髪などの色変更や

頭の大きさや身長

手足の長さといった体格

目や鼻の位置・角度

などを理想に合わせて調整することで、オリジナルののキャラクターを手軽に作ることができます。

着せ替え機能でオシャレに!

同アプリにはファッションアイテム「アバターウェア」が用意されており、作成したキャラに

トップス

ボトムス

ワンピース

靴下

といったアイテムを選択するだけで着せ替えることが可能です。

アイテムには今後、バーチャルファッションを手がける最先端クリエイターがデザインするアバターウェアなどが追加される予定です。

リリース記念キャンペーンも!

普段は有料アイテムとなっているアバターウェアですが、今回のリリースを記念したキャンペーンが期間限定で行なわれています。

このキャンペーンは収録されている全てのアバターウェアを好きなだけ受け取り・着せ替えが可能になるもので、受け取った服は次のバージョン以降に持ち越すことも可能です。

作ったアバターは他アプリで使える!

作った3Dキャラクターは、3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」へアップロードすることで、Web上に公開することができます。

これによってVRoid Hubと連携している各種アプリケーションで利用することができ、配信やゲームなどに使えます。

アバターカメラ機能

アバターカメラ機能では、スマホに搭載されているカメラを使って3DキャラをAR撮影できるほか、アプリ内の3D空間で撮影をしたり、他の人とコミュニケーションを取って遊ぶことができます。

VRoid Hubにアップロードした自分のVRMモデルを呼び出して撮影することも可能です。

イメージ

またカメラには

エモーション(キャラクターアニメーション)

撮影用の「ポーズ」

の他にワンタッチ加工フィルターが17種類が実装されており、”エモい”写真を簡単に撮影することができます。

「明るさ」「コントラスト」「色温度」「色相」「彩度」「ヴィネット」「被写界深度」「ブルーム」「グレイン」「色収差」「フレーム」の11種のパラメーターを調整することも可能なため、本格的な写真加工もできます。

AR撮影モード

AR撮影モードでは、スマホのカメラを通して3Dキャラを撮影することができ、例えば自分の部屋や外出先の風景にキャラクターが佇んでいるような写真を撮影することが可能です。

背景ボケ(被写界深度)の確認・調整

光(ブルーム)の調整

リッチなフィルターエフェクトのプレビュー

を駆使して”エモい”写真が簡単に撮影できます。

またARで表示したキャラクターを移動させたり、サイズの変更・地面における高さの調整などもできるので、好きなシチュエーションを撮影可能です。

イメージ

3D空間撮影モード

3Dキャラはアプリ内に用意された3D空間でも自由に動かして撮影することが可能で、

OZ

花札ステージ

ペントハウス

の3つから3D空間を選択できます。

またこのモードでは最大4人まで一緒に撮影することが可能です。

自分がいるルームのURLを他の人と共有することで、友だちと一緒にグループフォト撮影を楽しむこともできます。

ルームではテキストチャットで会話することができるので、エモーションと組み合わせてコミュニケーションを楽しむこともできます。

なお、現時点では「VRoidモバイル」で作成したキャラクターでのみ複数人撮影機能が使えます。

イメージ



サマーウォーズとのコラボ撮影も可能

今年10周年を迎える映画「サマーウォーズ」とのコラボ企画「OZ on VRoid powerd by pixiv」では、実際に撮影で使用された3Dモデルデータを元に再現した仮想世界「OZ」と、ナツキとラブマシーンのバトルで使われた「花札ステージ」の2つの3D空間が用意されており、本作品さながらの写真撮影が可能です。

イメージ

この空間内には合計5つの撮影スポットが存在しており、撮影スポットに表示されるカメラのアイコンをタップすることで、映画の名シーンを再現した写真を撮影することができます。

イメージ

また「サマーウォーズ」10周年のメモリアルデーである8月1日に向けたイベントや、参加者への特別なプレゼントも用意されています。

OZ on VRoid特設サイト

企画・制作:ピクシブ株式会社

監修:株式会社デジタル・フロンティア

「VRoidモバイル」概要

【提供開始日】2019年7月18日(木)

【対応OS】Android OS 5.0以上(OpenGL ES3.0以降対応)、iOS 11以上

【VRoidモバイルの主な機能】

キャラクターメイキング(顔・髪・身体のカスタマイズ)

キャラクターの服の着せ替え機能

キャラクター撮影機能(AR・3D空間)

撮影時の画像加工機能

VRoid SDK対応アプリケーションでの利用

「VRoidモバイル」iOS版

「VRoidモバイル」Android版

まとめ

オリジナルの3Dキャラクターを簡単に作ることができるスマホアプリ「VRoid モバイル」がついにリリースされました。

アプリ版では従来のキャラメイク機能だけでなく、スマホのカメラを使ったAR撮影や3D空間での撮影ができます。

作ったキャラはもちろん「VRoid Hub」を使って他のアプリケーションで遊ぶことも可能で、ハイクオリティなオリジナルキャラクターを作って配信することが簡単にできるようになっています。

さらに今年10周年を迎える映画「サマーウォーズ」とのコラボ企画も開催されているので、ますます3Dキャラを作って撮影するのが楽しみになってきますね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む