VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

水中ドローンを用いた海洋VRコンテンツ誕生!「Virtual Ocean Project」始動

「Virtual Ocean Project」製作委員会は、最新のIT技術と水中ドローンを用いて、新しい海洋VRコンテンツを世界に発信するプロジェクト「Virtual Ocean Project」を始動し、2019年8月18日(日)~31日(月)まで、箱根園水族館にて第1回常設展示を開催することを発表しました。


「Virtual Ocean Project」について

「Virtual Ocean Project」2019年度のイベントでは、

・水中ドローンの360度リアルタイム映像

・VR技術

を組み合わせ、まるで水中ドローンに乗り込んで水族館の水槽の中を泳いでいるかのような体験ができます。

水中ドローンは、実際に体験する利用者が操作し、VR空間内でプラスチックごみ問題などの解説動画を視聴することで、現在の海洋問題について自然と学ぶことができます。(※VR体験年齢制限あり 7歳以上)

また水中ドローンからの映像はYouTube Liveを通して配信されるため、会場にいなくても疑似体験することが可能です。

VR空間は「水中ドローンのコックピット」が再現されており、操縦レバーで自由に水槽内を移動できます。

バーチャル展示員

イベント会場では、バーチャル展示員として、Virtual Ocean Projectオリジナルキャラクターの「イルカのブッチくん」が案内サポートをしてくれます。

またブッチくんは、今後Virtual Ocean Project公式TwitterやYouTubeにて様々な情報やコンテンツ発信していく予定です。





開催概要

イベント名:Virtual Ocean Project

日時:2019年8月18日(日)~8月31日(土) ※体験時間帯については公式HP要確認

会場箱根園水族館 海水館

所在地:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

体験料:無料 ※別途、箱根園水族館の入場料金がかかります。

<箱根水族館入場料:おとな¥1,500 こども(4才~小学生)¥750>

公式HPVirtual Ocean Project

公式TwitterVirtual Ocean Project

公式YouTubeVirtual Ocean Project

まとめ

水中ドローンに乗り込み、水槽の中を探検できる海洋VRコンテンツが誕生。

次世代を担う子どもたちはもちろん、幅広い世代の人に海への好奇心を持ってもらうことを目指しているプロジェクトで、VR空間での体験を通して、海の素晴らしさや今起こっている問題について学ぶことができます。

「Virtual Ocean Project」では、年内に第2回常設展示も予定されています。

ソース:「Virtual Ocean Project」プレスリリース[atPress]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む