VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

トレーニングVR「イークイップス」に新触覚デバイスが追加!低コストでの導入も可能に

VR及びAR技術を用いたコンテンツの企画~設計・開発・運用を手掛けるイクスアール株式会社は2019年7月29日(月)、東京工業大学発ベンチャー企業のHapbeat合同会社の開発した触覚提示デバイスの取扱いを開始したことを発表しました。

また、この触覚デバイスとスタンドアロン型HMDを組み合わせたトレーニングVR「EQUIPX」が低コストで導入できるようになっています。


「EQUIPX」とは

「EQUIPX(イークイップス)」は、イクスアール社が提供しているトレーニングVRソリューションです。

場所や時間の制約も受けるこなく感覚的に作業スキルを学ぶことが可能で、作業スキルの習得が必要な時に指導者不在でも、実際に作業を体験する形で研修を受けることができます。

このソリューションは今年3月に発表されており、第1弾として食品加工教育システム「EQUIPX COOK」が開発されています。

イメージ

新触覚デバイスとHMDの導入で低コストの提供が可能に

同社は今回、東京工業大学発のベンチャー企業であるHapbeat社の開発した触覚デバイス「Hapbeat(ハップビート)」をEQUIPXに追加したことで、主に動画再生に使われるスタンドアロン型HMDと組み合わせることを可能にし、中小企業向けに低コストで提供ができるようにしました。

イメージ

これによって

頭にVRゴーグル

腕にHapbeatを装着

という従来より軽いスタイルで、視覚・聴覚・触覚の感覚を最大限実現した実習型研修を受けることが可能になります。

低コストでの導入が可能に

EQUIPXで提供される研修内容は企業ごとにオーダーメイドで制作されており、

緊急対応を疑似体験する

製造や操縦・運転体験をする

など、実際に起こりうるシナリオを組み込んだVR体験をすることができます。

本ソリューションはこの研修コンテンツと、VR視聴デバイスのスタンドアロン型HMD「Oculus Go」1台に、触覚デバイスの「Hapbeat」1台で構成されており、価格は80万円から提供されています。

イメージ

イメージ



「Hapbeat」とは

「Hapbeat(ハップビート)」は、Hapbeat社の開発したネックレス型触覚提示デバイス。

首にかけるだけで音楽の繊細な振動や叩かれるような衝撃感を体験することができ、音楽やゲームだけでなく、VRコンテンツもリアルに体感することができます。

まとめ

イクスアール社が提供しているトレーニングVRソリューション「EQUIPX」が、新たな触覚デバイスとOculus Goの組み合わせでスマートに、かつ低コストで導入できるようになりました。

EQUIPXは今年3月に開発が発表されており、企業研修などでの活用が期待されていましたが、今回の新触覚デバイスとOculus Goの導入によって、より導入しやすくなっています。

価格帯も安価になったりで、技術継承に悩む中小企業にもかなりの朗報ですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む