VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

新潟のランドマーク「レインボータワー」がVRアートで蘇る!無料体験会実施へ

xR領域でアニメ表現のアプリを制作するGugenka®(グゲンカ)は、新潟市のランドマークとして愛されながらも2018年に解体されたレインボータワーを再現したVRアート作品を制作し、新潟まつりの新潟青年会議所(新潟JC)ブースにて8月10日(土)から8月11日(日)まで体験会を開催することを発表しました。


レインボータワーVRとは

レインボータワーVRは、現在は解体されてしまったレインボータワーが新潟の街にそびえ立つ光景をVRで再現し、当時の展望台で使用されていたナレーション内容と合わせて楽しめる内容となっています。

ナレーションには、人気Vtuber「東雲めぐ」も参加しています。

制作に使用した風景は、実際の新潟市万代の街並を空撮した映像をフォトグラメトリーを使用して3DCG化しています。

さらに、新潟まつりの会場では、Vtuberの東雲めぐ、ニパ子(新潟県燕三条市のニッパーをモチーフにしたご当地VTuber )の2種類のオリジナルデザインうちわが配布されます。

twitter.com/godhandtoolより引用

レインボータワーVR体験会概要

日程:2019年8月10日(土) 10:00~17:00

2019年8月11日(日・祝) 10:00~16:00

会場:新潟まつり「お祭り広場」会場 新潟JCブース

※新潟市中央区万代1丁目 万代シティバスセンター前広場

料金:無料

体験時間:3分

対象年齢:13歳以上

プロデューサー:三上昌史

ディレクター:キラ プーン

3DCG:長谷川雄一

ナレーション:東雲めぐ、水木瑛斗、鈴山八広

効果音:24P

エフェクト:いしだえいと

動画提供・撮影協力:万代シテイ商店街振興

©Gugenka®



レインボータワーについて

新潟市万代シテイバスセンター前広場に設置され長年市民に親しまれてきた8色のレインボーカラーで塗装された展望台。

三陸沖地震の影響により2012年2月8日をもって展望台としての営業を終了し、その後も新潟市のシンボルとして愛されてきましたが、2018年11月末頃に惜しまれながらも解体されました。

まとめ

今回は新潟市民に愛されたレインボータワーをVRで復活させる取り組みですが、同じように懐かしい風景や今は無くなってしまった建造物をVRで再現し、また楽しむことができるのはVRの一番の魅力ですね。

関連サイト:Gugenka公式サイト









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む