VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

3Dの画像・映像が撮影可能に!Snapchatの最新スマートグラス「Spectacles 3」が登場

一般ユーザーでも簡単に使えるスマートグラスを様々な企業が開発していますが、より簡易な設計で、特定の機能にフォーカスしたデバイスも登場しています。

Snapchatが今秋に発売予定の「Spectacles 3」は、デバイスを装着した状態で3D画像や映像などを撮影可能で、2019年秋に発売予定です。(日本では未発売)


Snapchatのメガネ型デバイス「Spectacles 3」が今秋発売

Snapchatは画像共有型のSNSで、撮影した画像に様々なエフェクトやデコレーションを施して共有できるサービスで、米国などで主に10代を中心に流行しています。

日本ではあまり馴染みのないSnapchatですが、同サービスを運営するSnap Inc.は、これまでに写真共有を目的としたスマートグラス「Spectacles」を複数バージョン発売しています。

スマホよりも写真撮影が簡単に

同社は2017年2月に初代Spectaclesを発売しており、これは通常のサングラスにカメラを実装したシンプルなスマートグラスです。

Spectaclesは写真撮影に特化したスマートグラスなので、例えば「Google Glass」のような高精度なAR機能などは備えておらず、「スマートフォンを取り出さなくても簡単に写真が撮れる」ことをコンセプトにしています。

同デバイスは若者受けしそうな、ポップでクールなデザインであるのも特徴ですが、機能的には決して話題性の高いものではなかったため、Spectaclesは現在までに2世代目が発売されているものの、セールス的にはイマイチでした。

3代目Spectaclesが登場!

ですが、Snap. IncはAR技術開発やメディア提携、買収などに1億ドル(約106億円)を投入しており、デバイス開発を継続してきた他にも、過去にはモバイルARでアート鑑賞するイベントを開催するなどして、ARに積極的に参入しています。

そして、先日新たに発表した「Spectacles 3」は同社の最新となるスマートグラスで、写真撮影がメインというコンセプトはそのまま、より写真撮影機能の強化を図っています。

3D写真、映像も撮影可能に

Spectacles 3は、デバイス前面にカメラを2つ備えており、3Dの画像・映像の両方が撮影できる他、共有も簡単に行えるとのことです。

操作はシンプルで、デバイスのボタンをタップすると自動的に映像を撮影し、最長で60秒の3D動画を撮影できます。

また、デバイスはマイクを4つ内蔵しているので、音声の録音もスマートフォンよりも高精度に行えそうです。

この他、3D画像であればHD画質で撮影可能で、動画撮影時と同様、ボタンを押すだけで撮影が可能です。

Snapchatへの画像共有が簡単に

撮影した動画や画像は、自動的にSnapchatアプリのMemoriesに保存され、ここから直接編集を行えます。

豊富な種類の3Dエフェクトや照明、ランドスケープやフィルターなどでコンテンツを加工できるので、従来の2D画像ベースだったタイムラインがより華やかになりそうです。

この他、撮影したコンテンツはスマートフォンのカメラロールに保存されるので、他の画像共有サイトへの投稿にも流用可能です。



価格は4万円!2種類のカラーが発売

ちなみに、Spectacles 3は2種類のカラーが発売予定で、「カーボン」と「ミネラル」の2色から選べます。

カーボン柄はセミマット仕上げで、高光沢のクラシックなモノクロの黒一色のバージョンで、ミネラル柄はフレームが金色で、化粧品の色をベースにしたトーンが特徴とのことです。

セット内容にはVRゴーグルも

そして、同デバイスのセット内容には、ワイヤレスの充電ケースが付属している他、USB-C経由の充電ケーブル、また3Dコンテンツ視聴用のVRビューワーが付属するとのことです。

このVRビューワーに関しては詳細は不明ですが、おそらく簡易タイプのVRゴーグルのようなものだと考えられます。

価格は4万円、今秋発売

Spectacles 3は2019年秋の発売を予定しており、価格は380ドル(約4万円)とのことです。

現在、公式サイトからプレオーダーが可能ですが、発送対象国が米国以外を選択できないため、現時点では日本では未発売のようです。

まとめ

Snapchatの公式スマートグラスのSpectaclesの新モデルが発表されました。

3代目となるSpectacles 3では、従来のモデルよりも画像撮影機能が強化され、3Dの画像・映像が撮影可能になりました。

これは画像撮影に特化したスマートグラスなので、ARコンテンツの表示などには対応していませんが、同デバイスを利用してよりSnapchatへの投稿が簡単に行えるとのことです。

価格は約4万円とのことで、画像機能のみを搭載したデバイスとしては少し高い気がしますが、前世代のSpectaclesと比べてセールスが伸びるかどうか、今後に注目です。

参考サイト:VRScout









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む