VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで本格的な油圧ショベルの操作訓練!「重機でGo」Oculus Goでリリース

エンジニアの人材派遣・教育事業を行う、トライアロー株式会社は2019年8月20日(火)、ショベルカーの操作シミュレーションアプリ「重機でGo」のVR版とiOS版をリリースしたことを発表しました。

VR版は、Oculus Goに対応しています。


「重機でGo」とは

今回VR版がリリースされた「重機でGo」は、油圧ショベルカーの操作が体験できる本格的な重機シミュレーターです。

今年5月にはAndroidアプリ版がリリースされており、約3ヶ月で3,500ダウンロードを達成しています。

低価格ながら本格的な重機の操作が体験できるため、建設業界関係者だけでなく一般の人にも人気があります。

イメージ

アプリ版「重機でGo」

実際に操作訓練の指導をするベテラン重機オペレーターは職務経験が長く、重機自体の操作だけでなく

周囲の安全確認

地盤や重機に対してのダメージ

など多くのことを考えながら作業をしていますが、長い職務経験を通じて獲得されたこれらの技術は個人のスキルであるため、簡単に継承することが難しいものです。

最近の超高齢化に伴い、ベテラン重機オペレーターの技術を若い世代に継承することが急務になっています。

「重機でGo」は、「背中を見て覚える」だけではなくITやVR技術を活用することで、建設業界の若手不足や人手不足の解消につなげるべく開発されました。

実際の現場で役立つ技術を取得

このコンテンツは油圧ショベルの実機を正確に再現しており、「ショベルカーで土をすくいダンプ車に積み込む」という基本の操作や、

移動式クレーン運転士の実技試験の課題の練習

労働災害防止のための危険予知活動

などが可能です。

イメージ

VR版「重機でGo」

今回リリースされたVR版はOculus Goに対応しており、実際の作業現場で必要な安全確認の動作と操作を身体を動かす習慣を身につけながら練習することができます。

その他にも、事故要因がある中でのリスクを回避しながら作業をする訓練トレーニングも搭載されており、実際に起きた事故を体験することによって安全への意識向上を促すことも可能です。

トライアロー社は今後、新しい事故事例を反映したトレーニングメニューの追加や、寒冷地には欠かせない除雪用重機の操作訓練ができるアプリの開発を予定しているということです。

イメージ

VR版の操作画面





「重機でGo」概要

「重機でGo」は今回のリリースにより、現在

Android版

iOS版

VR版

の3種が配信されています。

無料版と有料版がリリースされており、無料版では2種類の操作訓練が可能です。

VR有料版は

操作訓練7種

事故事例体験9種

危険予知訓練3種

ができ、レバーパターンはJIS方式とコマツ方式のどちらか選択可能です。

AndroidとiOSの有料版では

操作訓練7種

事故回避トレーニング9種

ができます。

イメージ

アプリ版操作画面

重機でGo公式サイト

【VR無料版】重機でGo VR 2019年8月20日配信 価格:0円

【VR有料版】重機でGo VR+ 2019年8月20日配信 価格:2.00$

【iOS無料版】重機でGo-ショベルカーLITE- 2019年8月20日配信 価格:0円

【iOS有料版】重機でGo-ショベルカーPLUS- 2019年8月20日配信 価格:120円

【Android無料版】重機でGo-ショベルカーLITE- 好評配信中 価格:0円

【Android有料版】重機でGo-ショベルカーPLUS- 好評配信中 価格:100円

まとめ

油圧ショベルカーの操作訓練ができるシミュレーター「重機でGo」のVR版とiOS版が今回リリースされました。

このコンテンツは既にAndroid版がリリースされており、安価で本格的なショベルカーの操作シミュレーションができるために、3ヶ月で3,500DLを達成するほど大好評となっています。

それがついにVR版で登場したということは、実際に現場に行って操作しているかのような体験ができるわけです。

かの電車運転SLG「電車でGO!」のようにゲーム感覚で楽しむのもありかもしれませんね。

ソース:プレスリリース[@Press]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む