VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

世界初のAR専用ブラウザ「Sphere」リリース!共創パートナー企業の募集開始

Cynack株式会社は2019年8月26日(月)、AR専用のマークアップ言語OMLを活用した世界初のARブラウザ「Sphere」のリリースを発表しました。

ARプロダクトを共創するパートナー企業の募集が開始されています。


「Sphere」について

「Sphere」は、カメラにかざしたマーカーなどに情報を紐づけて表示できるAR専用ブラウザのアプリケーションです。

スマートフォンのカメラなどを、登録したマーカーなどにかざすことで、

・そのものの詳細情報

・音楽や動画・演出としての3Dアニメーション

などを表示させることができます。

かざすと立体的に付加情報を閲覧できるというとてもシンプルな仕組みのため、企業のマーケティングをはじめとしたコンテンツだけでなく、大型商材を扱う企業の営業資料の3Dデモンストレーションなどの社内ツールなどにも活用できます。

今後は、ポスターやパンフレット、名刺といった2次元のマーカー画像だけでなく、

・立体的なモノや場所でも、かざしたら情報が出てくる機能

・カメラ内に移った複数のターゲットに紐づけられた情報を同時に表示できる機能

などが追加される予定です。

開発の背景

ARデバイスは立体的な映像で直感的に情報を受け取ることが可能で、スマホの次のデバイスともいわれています。

しかし現状は、企業と個人双方にとって手軽に利用できるARコンテンツ制作ツールがほぼなく料金も不透明な状況です。

Cynack社のブラウザ事業は、ARコンテンツの制作からブラウジングに至るまでを画一的な料金で一貫して行えるサービス群のうちの一部として行われています。

同社では「誰もが3Dで情報を発信し、収集できる世界」を目指してツール開発が行われており、今後はそのサービス群の開発と並行して、実際のARプロダクト開発を通した、Sphereに使用している技術の改良を積極的に行っていきたいとしています。





共創パートナー企業の募集について

AR専用ブラウザを活用することで従来のアプリベースのARコンテンツに比べて安価なコンテンツ制作が可能になっています。

Cynack社では、マーケティング利用のみならず、コンテンツの更新性の高さを生かした持続的なコンテンツやサービスなど、様々な実用的なARプロダクトを共創するパートナー企業を募集しています。

問い合わせCynack株式会社

まとめ

インターネットの普及に伴い、現在ではウェブサイトを閲覧するためのウェブブラウザが急速に進んだことで「ブラウザ=ウェブブラウザ」という認識が浸透しています。

ブラウザはbrowse(=拾い読み)が語源で、画像ブラウザ、テキストブラウザ、ファイルブラウザなど色々な種類があり、本来はPC上のさまざまなファイルを見るためのソフト全般のことを意味します。

今回発表された3Dによる情報表現が簡易的に行えるAR専用ブラウザの活用が進めば、ARの普及が加速していくことでしょう。

ソース:「Sphere」に関するプレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む