VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

スマホでARシューティングバトル!9月に横浜で「HoloBreak」開催

ARコミュニケーションゲームを企画・開発しているGraffity株式会社は2019年8月26日(月)、スマホを使ったARシューティングバトル「HoloBreak」を、横浜アソビルの3Fで今年9月7日(土)と8日(日)に開催することを発表しました。


「HoloBreak」とは

今回開催が発表された「HoloBreak(ホロブレーク)」は、スマホを使って2対2で戦うARシューティングバトルです。

株式会社アカツキライブエンターテインメントの協力のもと、横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」の3Fで、2019年9月7日(土)と8日(日)の日程で開催されます。

イメージ

舞台となるフィールドは8m×5mの広さで、プレイヤーはその中をスマホを片手に動き回りながら、相手チームとのバトルに勝利するため戦います。

最大4人まで同時に遊ぶことが可能で、基本は2対2のバトルであるものの、1対1でプレイすることもできます。

VRのシューティングバトルとは違ってHMDを着ける必要もなく、スマホだけを使って現実のフィールド内を動き回ってプレイするために、従来のスマホゲームとは違う「リアルに汗をかく」体験をすることが可能です。

なお、チケットは当日の販売のみで、価格は税込800円です。

パートナーと連携したバトルが楽しめる!

スマホ1台を片手にフィールド内を自由に駆け回ってプレイするARシューティングバトルは今回が日本初で、フィールドを動き回って相手の裏をかくことがポイントになります。

また相手の後ろから弾を当てることで通常より効果が大きいバックアタックになるため、パートナーとの連携がより重要になってきます。

攻めるのか

守るのか

プレイヤーを狙うか

タワーを狙うか

といった作戦も勝利をつかむための重要なポイントです。

イメージ

ルール

HoloBreakのルールは主に以下の4つです。

・自分のスマホがマトになる!動き回って弾を避け、狙いを定めて相手を撃て!

・各チームには、プレイヤーの他に「タワー」と呼ばれる拠点が存在している、フィールドを動きながら、まずはタワーの破壊を目指せ!

・相手にやられてしまっても大丈夫、毎回位置が変わる復活エリアに駆け込むことで、タワーがある限りは何度でも復活することができるぞ。

・タワーをブレイクすることで、他プレイヤーの復活を阻止することができる様になる、その状態で相手を全滅させて勝利をつかもう!

引用:プレスリリース




イベント概要

名称:HoloBreak

会場:横浜アソビル 3F(受付・チケット販売も3階)

開催日:9月7日(土)・8日(日)

開催日時:2019年9月7日(土)11:00~21:00、8日(日)11:00~19:00

料金:800円(税込)

プレイ形式:所要時間 約20分、場所 3F (屋内)

チケット販売:2019年9月7日(土)・8日(日)10:00~ アソビル3階受付

主催/企画制作:Graffity株式会社

開催記念キャンペーンも開催

今回の「HoloBreak」開催を記念したキャンペーンが、今年8月26日(月)~9月8日(日)まで公式LINEで行なわれています。

期間中に公式LINEを新規友だち追加すると、HoloBreakの200円引きクーポンがもれなくプレゼントされます。

アカウント名:@HoloBreak

公式LINEの友だち登録はこちら

まとめ

日本初のスマホを使ったARシューティングバトル「HoloBreak」が、横浜アソビルで9月に開催されます。

本ゲームは8m×5mのフィールド内を実際に駆け回り、スマホの画面越しに撃ち合う2対2のバトルがプレイできます。

VRのシューティングゲームとは違って、現実世界で駆け回りながらプレイするため、戦略はもちろん体力も重要になってきそうです。

スマホゲームでありながら汗をかいてプレイするという、新しい体験ができそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIME]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む