VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

国内最高水準の次世代ブラウザ型ARサービス「raton」登場!企業向けにサービス提供開始

インフォテックス株式会社は、専用アプリを必要としないブラウザ型ARサービス「raton(ラトン)」を2019年8月27日(火)より、企業向けに本格的にサービス提供を開始することを発表しました。


「raton」開発の背景

数年前からさまざまな企業がARサービスをスタートさせており、コンテンツパワーの強いゲームアプリや写真アプリが一大ブームとなり、世間一般の認知や興味・関心が高まってきています。

しかし、ARサービスはスマートフォン専用アプリでの展開がほとんどで、一回のコンテンツ閲覧のためにアプリをダウンロードするユーザーが少なく、導入ハードルが高いのが現状です。

そのような課題を解決したいとの想いから、よりスピーディーに利用できるブラウザ型ARサービス「raton」が開発されました。

「raton」の特徴

「raton」には以下のような特長があります。

専用アプリを必要としないブラウザ型AR

ブラウザ上で起動したカメラでマーカーを読み取るだけで、ARコンテンツの再生が可能です。

アプリをダウンロードすることなく、QRコードから簡単に起動できます。

ブラウザ型として国内最高水準の認識率を実現したマーカーレス

マーカータイプのARだけでなく、マーカーレスARも高い認識率で実現しています。

既存の写真やポスターなどのデザインに制限を付けることなく、ARコンテンツを再生することができます。

クライアントの要望に合わせた開発が可能

他のブラウザ型ARサービスは、カスタマイズ項目が決まったパッケージ型がメインですが、「raton」は、クライアントの要望に合わせて企画設計からARソリューションの提供が可能です。

「ranton」利用イメージ

アプリダウンロードの必要がなく、QRコードやリンクから簡単に起動することができます。

導入企業のメリット

ARアプリのインストールと比較してはるかに利用ハードルが低いため、より多くのユーザーに使用機会を提供することができます。

また、アプリをリリースしないため面倒な審査やOS毎のアプリ制作が不要で、費用の削減にもつながります。

使用ユーザーのメリット

手持ちのスマートフォンのブラウザから利用できるので、アプリインストールの手間と通信が不要となり、軽量で簡単な利用ができます。

特にARの場合、利用前に待ち時間が発生しないことがポイントになります。

ratonのARコンテンツ例

ポスターやチラシでは案内不可能だったリアルタイムの情報やプロモーション動画・アニメーションを、気軽・簡単・低コストでユーザーに訴求することが可能になります。




「raton」実用実績

千代田区観光協会

毎年開催される「千代田のさくらまつり」の桜開花状況に関しての電話問い合わせが多く、案内の工数を削減する為に「raton」を導入。

2万部配布するパンフレットにQRコードを設置し、リアルタイムの開花状況をARで確認できるように実現。

導入時期:2018年、2019年

結果:約90%の問い合わせ減少を達成。

引用元:プレスリリース

多摩区(神奈川県川崎市)

登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地区賑わい継承事業の一環として、回遊性向上の目的で導入。

生田緑地や岡本太郎美術館、日本民家園などのアクセスルートにARスポットを設置し、施設のキャラクターと一緒に写真が撮れる等、まちの賑わい創出に取り組んだ。

引用元:プレスリリース

まとめ

AR技術は、ゲームやエンターテイメント、Eコマースのほか、建築や工場などの現場、自動運転の応用、医療や教育など、さまざまなところで活用が進んでいます。

ブラウザ型ARが広がれば、いまよりさらに便利にサービスを利用することができるようになりますね。

ソース:プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む