VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRchat一発録り・無編集MV制作で話題!「memex + ars」がデジタルハリウッド賞を受賞!

「memex + ars」がVRクリエイティブアワード2019にてデジタルハリウッド賞を受賞

2019年1月1日にVRChat一発録り・無編集MV「Cloud Identifier」を発表し話題となったバーチャルオルタナアーティストmemexとクリエイティブユニットarsの共作ユニット「memex + ars」が、VRクリエイティブアワード2019にてデジタルハリウッド賞を受賞しました。


「Cloud Identifier」MVとVRChat上のスタジオがデジタルハリウッド賞を受賞

「Cloud Identifier」MVとVRChat上のスタジオがデジタルハリウッド賞を受賞

今回受賞した作品は「memex「Cloud Identifier」Music Video + Virtual Creation Studio」で、「Cloud Identifier」のMVとその制作に用いたVRChat上の撮影スタジオを1つの作品としたものです。

VRChat上の撮影スタジオでは、MVの一発録り・無編集を実現するため、演出を制御するシーケンサーとリモートカメラを駆使しています。

シーケンサーは演出発生やカメラ切り替えのイベントをVR空間の時間軸上に自由に配置できる制御装置

リモートカメラは現実ではクレーンカメラやドローンカメラを用いないと不可能なカメラワークをVRコントローラーのみで実現することができる撮影装置

という役割を果たしました。

制作の様子はmemexの公式チャンネルでも公開されています。

Cloud-IdentifierのMVメイキング

VRクリエイティブアワードとは

VRクリエイティブアワードとは

VRクリエイティブアワード はVRコンソーシアム(VRC)が2015年から開催しているアワードイベントです。

VR・AR・MRを始めとする現実拡張技術を利用した作品やサービスを評価・賞賛することで、xR市場における先端技術の共有と新たなクリエイターの才能発掘に取り組んでいます。

今回審査員を務めたのは、

藤井尚敬

杉山知之

南條史生

稲見昌彦

水口哲也

近藤 “GOROman” 義仁

落合陽一

西川美優

久保田 瞬

など日本を代表するクリエイター、研究者たちです(敬称略)。



「memex + ars」のプロフィール

今回アワードを受賞したmemexとarsのプロフィールです。

memex プロフィール

memexについて

「memex」は2019年1月1日活動を開始した、ぴぼさんとアランさんの2人からなるバーチャルオルタナアーティストです。

VRChatにてテクニカルアートユニットarsと共同制作した一発撮り・無編集のミュージックビデオ「Cloud Identifier: 集合知に偏在する残滓による自意識の再構成」が、大きな話題となりました。

「技術で音楽活動をハックする」をテーマに、

・楽曲の発表

・ソーシャルVR空間でのライブ活動

・音に重点を置いたVRワールド制作

など、「オルタナティブ」な音楽活動を行っています。

また、KONAMI BEMANIシリーズへの楽曲提供、秋葉原エンタスコラボCM抜擢、リアルとバーチャルを繋ぐライブイベント「FUTURE ZEN LIVE」への出演など、活動の幅を広げている大注目のバーチャルアーティストです。

・WEB:memex公式サイト

・Twitter:@memex_am

・YouTube:memex公式チャンネル

ars プロフィール

arsについて

「ars」はバーチャル空間で生まれた、あらゆる技術を用いて自由で境界のない創作を行うコラボレーション型のクリエイティブユニットです。

領域分野を問わず多様なメンバーで構成され、外部の表現者/クリエイター(Node)と接続(Link)し、緩やかな共同体(Cluster)を形成することで新たな表現の可能性を追求しています。

現在のメンバーはsabakichiさん(@knshtyk)、Mikipomさん(@cakemas0227)の2人です。

まとめ

バーチャルオルタナアーティストmemexとクリエイティブユニットarsによるユニット「memex + ars」が、VRクリエイティブアワード2019にてデジタルハリウッド賞を受賞しました。

受賞した「memex「Cloud Identifier」Music Video + Virtual Creation Studio」では、多くの人を魅了した「Cloud Identifier」の美しい世界観がVR Chat内のスタジオで直感的な操作で作り上げられている様子がわかります。

楽曲の素晴らしさもさることながら、ミュージックビデオの制作過程そのものがVR Chatの可能性を一段引き上げるものとなっています。

memexもarsも精力的に制作活動を続けているので、これからの活躍がますます楽しみですね。

参考:memexプレスリリース[memex公式サイト]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む