VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

災害医療対応支援に5GとVRを活用!遠隔医療教育の実証実験も実施

防衛医科大学校、KDDI株式会社、株式会社Synamoは、2019年8月27日に、第5世代移動通信システム「5G」とVRシステムを活用した災害時における医療支援の実証実験を国内で初めて実施したことを発表しました。

あわせて、医療教育現場においてVRシステムを活用した遠隔教育に関する実証実験が行われたことも発表されました。



災害医療対応をVRと5Gで支援

災害対応支援に関する実証実験概要図

実証実験の背景と目的

災害医療対応において不可欠な

災害現場の状況把握

現場と関係機関の連携

についてVRと5Gを活用することで、十分な支援が可能かどうかの実証実験が行われました。

災害発生時に可能な限り多数の傷病者の治療を行うためには、傷病者の重症度や対応の緊急度に応じて優先順位を決定し、現場での処置、病院の選定、患者搬送を行うことが重要となっています。

さらに、災害現場、消防機関、医療機関などの関係機関と適切に連携する必要があります。

しかし、遠方の現場の状況を把握することは難しく、各機関との連携では、その機関の職員が集合して対応しなければ適切な連携ができないのが実情です。

高速・大容量の5Gと臨場感のあるVRを活用

今回の実証実験では、5Gの「高速・大容量」の特長を活用し、災害現場に高精細の360度カメラを設置し、現場の状況把握が行われています。

5Gを利用した映像をVR空間上に配信、映し出すことで、VR空間内で医療従事者や消防機関が連携して現場対応の指揮・支援を行うシステムが構築されました。

これまでの平面映像では被災状況など災害の全体像がつかみづらいという課題がありましたが、今回の実験では360度カメラを活用しVR空間上で立体的に被災状況を把握し、さらに現場の職員と遠隔地にいる医療従事者などの専門家が双方向のコミュニケーションをとることで、遠隔地からでも現場にいる職員に対して適切な指示を出すことができ、救命活動を円滑に進められることが確認されています。



リアルタイム遠隔医療教育に関する実証実験

リアルタイム遠隔医療教育に関する実証実験概要図

今回の実証実験では、災害対応支援に加え、遠隔医療教育に関する実証実験も実施されました。

医療教育においては、教員の不足や基礎研究のための設備が不十分などの課題があり、これら研究環境の整備が急務となっています。

本取り組みでは、爆傷の治療技術を研究している防衛医大において、本研究のための日本で唯一の設備「ブラストチューブ(爆風を模擬した衝撃波を発生させる装置)」について、5GとVRを活用し、VR空間上での設備見学やディスカッションなどの双方向コミュニケーションに関する実証実験が行われました。

災害医療対応支援の実験と同様に、「ブラストチューブ」を設置している場所に高精細の360度カメラを配置し、その映像を、5Gを通じてVR空間に映し出し、遠隔地にいる複数の参加者がVR空間内で情報を共有することで、集合が難しい場所でのバーチャル会議や高精細映像での遠隔からの設備視察などの有効性が確認されています。

これらの実証実験は、3社が以下の役割を担い、実施されました。

防衛医科大学:実験場所の提供と効果検証

Synamon社:VRコラボレーションシステム「NEUTRANZ BIZ」の提供

KDDI社:5Gエリアの設計・構築・実験場所の提供と効果検証

まとめ

近年多発する自然災害、大規模災害において、今回の実験は有効なものとなりそうです。

費用の問題などあるでしょうが、拠点となる避難場所などにこのシステムがあると、避難が長期化した場合など医療機関との連携ができて安心ですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む