VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【後編】「新たなVR空間移動デバイスが登場!『VRGO MINI』発表」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見_9月1日_後編アイキャッチ画像

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(8月23日〜8月29日) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167130/


①世界初のAR専用ブラウザ「Sphere」リリース!共創パートナー企業の募集開始

VRニュースイッキ見_世界初のAR専用ブラウザ「Sphere」リリース

8月26日(月)、Cynack株式会社はAR専用のマークアップ言語OMLを活用した世界初となるARブラウザ「Sphere」をリリースしたことを発表しました。

「Sphere」はスマートフォンのカメラなどを、登録したマーカーなどにかざすことで立体的に付加情報を閲覧できるAR専用ブラウザのアプリケーションで、マーケティング利用だけでなく社内ツールとしての活用も期待されています。

AR専用ブラウザを活用することで従来のアプリベースのARコンテンツに比べて安価なコンテンツ制作が可能になっているので、実用的なARプロダクトを共創するパートナー企業を募集していきたいとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-166928/

②国内最高水準の次世代ブラウザ型ARサービス「raton」登場!企業向けにサービス提供開始

VRニュースイッキ見_国内最高水準の次世代ブラウザ型ARサービス「raton」登場

インフォテックス株式会社は、ブラウザ型ARサービス「raton(ラトン)」を8月27日より、企業向けに本格的にサービス提供を開始することを明らかにしました。

ARについては世間一般の認知や興味・関心が高まっている一方、アプリでの展開がほとんどで、企業にとってもユーザーにとっても利用が面倒だという弱点があります。

そこで、アプリではなくブラウザ型にすることで、よりスピーディーな利用を可能にし、この弱点を解消してARのさらなる利用拡大に貢献したいとしています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-166994/

③VRで車いすレースを体験!ゲームだけでなくトレーニングも可能な「CYBER WHEEL X」登場

VRニュースイッキ見_VRで車いすレースを体験できる「CYBER WHEEL X」登場

8月27日(火)、普段触れる機会のない「車いすマラソン」「車いすレース」を、VRで身近に体験できる車いす型VRスポーツエンターテイメント「CYBER WHEEL X」が登場しました。

株式会社RDSが株式会社ワントゥーテンと共同で開発したもので、東京の街をイメージしたコースを舞台に通信対戦やデータ対戦することができ、また独自のハンドリムウェイト技術によってより実践に近い車いすレースを体験することができるのが特徴です。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて「CYBER WHEEL X」は、8月28日(水)から、東京ソラマチ イーストヤード5F「PLAY5G 明日をあそべ」で体験することができます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167020/



④VR空間でプレイヤー同士の決闘!新たなVRアクション「DOG」TGSで発表へ!SOGも出展

VRニュースイッキ見_新たなVRアクション「DOG」TGSで発表へ

VRオンラインアクション「ソード・オブ・ガルガンチュア」で知られる株式会社よむネコは、東京ゲームショウ2019(TGS2019)にて現在開発中の新作VRゲームを公開することを発表しました。

プレイアブル公開されるのはVRアクション「デュエル・オブ・ガルガンチュア」で、ユーザーにいち早く体験してもらうことで、開発の方向性やゲーム性をより良いものにすることを目的としているとのことです。

また、TGS2019のよむネコブースでは、現在配信中のVRオンラインアクション「ソード・オブ・ガルガンチュア」も展示され、ゲーム内で使えるTGS出展記念限定武器がもらえるキャンペーンの実施も予定されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167049/

⑤新たなVR空間移動デバイスが登場!Kickstarterで「VRGO MINI」発表

VRニュースイッキ見_新たなVR空間移動デバイス「VRGO MINI」が登場

VR空間移動デバイス・VRGO CHAIRを開発した英国の企業・VRGO Ltd.は8月23日(金)、第二弾となるプロダクト「VRGO MINI」のローンチ開始ことを、Kickstarterで今年の8月に発表しました。

「VRGO MINI」は、VRGO CHAIRをよりコンパクトに改良し、クッションのように椅子に敷くことで、椅子をVR空間移動デバイスとして使うことが可能となります。

VRGO Ltd.によると、2020年の販売開始を予定しており、誰もが購入できるように価格は手ごろな値段に設定するとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-166926/

まとめ

今週後半はVR/ARを利用しやすくする取り組みについてのニュースが多かったですね。

これまで面倒だったアプリのダウンロードの手間がなくなりそうな、ブラウザ型のARも大いに気になるところですが、

今回注目を一番集めていたのはVR空間移動デバイス「VRGO MINI」に関するニュースでした。

確かにどんなに完成度の高いVR世界を作り上げても、普通のゲームのようにスティックで移動するものだと、イメージ通りの動きができずVR酔いをしたり没入感を削いでしまいます。

「VRGO」シリーズのように自分自身の体の傾きで移動するという仕組みであれば、直感的に移動することができるので、これまで以上にVR世界に入り込むことができるのではないでしょうか。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む