VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【前編】「実際の試合をVRで再現!米国野球チームが選手のトレーニングにVR活用」など注目記事を振り返り!!

週末恒例!

今週(8/30〜9/5)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「そういえばこんなことも!」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①VRchat一発録り・無編集MV制作で話題!「memex + ars」がデジタルハリウッド賞を受賞!

VRニュースイッキ見_「memex + ars」がデジタルハリウッド賞を受賞

バーチャルオルタナアーティストmemexとクリエイティブユニットarsの共作ユニット「memex + ars」が、8月25日に開催されたVRクリエイティブアワード2019にてデジタルハリウッド賞を受賞しました。

「memex + ars」が受賞したのは、2019年1月1日に発表された「Cloud Identifier」のMVとその制作に用いたVRChat上の撮影スタジオを1つの作品とした、「memex「Cloud Identifier」Music Video + Virtual Creation Studio」です。

「Cloud Identifier」の美しい世界観とVR Chatの可能性を引き上げたことが評価された受賞となっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167098/

②VRで入居後の生活をリアルにイメージ!「RICOH360 - VRステージング」をみずほ不動産販売が採用

VRニュースイッキ見_「RICOH360 - VRステージング」をみずほ不動産販売が採用

VRを使って室内のコーディネートや入居後の暮らしがイメージできる、リコーの「RICOH360 - VRステージング」がみずほ不動産販売株式会社に対して提供が開始されました。

「RICOH360 - VRステージング」は「THETA 360.biz」を不動産業に特化する形で生まれたサービスで、低コストで簡単にホームステージングができるようになります。

見込み客に家を購入する疑似体験をしてもらうことができるため、セールスにとっていっそう効果的なソリューションとして不動産業で導入する例が増えることが予想されます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167078/

③VR内の外国語を手軽に翻訳!Google レンズを応用した翻訳技術デモ

VRニュースイッキ見_Google レンズを応用した翻訳技術デモ

Google レンズの自動翻訳をVRに応用して、VR空間の外国語を簡単に翻訳してくれる機能が登場しました。

個人開発者のPhasedragon氏により開発されたもので、VR内にある小型スクリーンを様々な文章にかざすことによって瞬時に他の言語に翻訳できます。

現在世界中にユーザーが広がっているVR ChatなどのVR SNSで活用することによって、さらにグローバルな交流ができるようになることが期待されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167048/



④VR動画を簡単に編集!スマホ向けアプリ「かんたん360 for RICOH THETA」リリース

VRニュースイッキ見_VR動画を簡単に編集できるスマホ向けアプリ「かんたん360 for RICOH THETA」がリリース

9月2日、LIFE STYLE株式会社は、リコーの360°カメラ「RICOH THETA」シリーズと連携したスマホ向けアプリ「かんたん360 for RICOH THETA」の開発を発表しました。

このアプリは360°カメラ「RICOH THETA」から自動で写真を取り込んだり、簡単に映像を編集、共有することができます。

360度撮影をより楽しいものにする「かんたん360 for RICOH THETA」は、iOS向けでApp Storeで配信中です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167187/

⑤実際の試合をVRで再現!米国野球チームが選手のトレーニングにVR活用

VRニュースイッキ見_米国野球チームが選手のトレーニングにVR活用

様々な分野で教育ソリューションとして活用されているVRですが、MLB、ロサンゼルス・ドジャースでも練習カリキュラムにVRが導入され話題となっています。

ドジャースが導入したのは、アスリート向けのVRシミュレーションで有名なWIN Realityが開発したVRバッティングトレーニングシステムで、選手はVRでライバル選手の投球の特徴や癖などを、実際に身体を動かして学ぶことができます。

VRの練習効果に懐疑的な考え方を示す選手もいるものの、より実際の試合に即した実践的な練習環境を構築することができるとして、練習カリキュラムにVRをフル導入している選手も出ているとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167134/

まとめ

今週前半は様々な分野で活用が進むVRの話題が中心になりました。

特に注目を集めていたのは、MLBで導入が進むVRトレーニングシステムのニュースです。

まだまだ効果について懐疑的な目を向けられていたり、改善の余地があるところではあると思います。

しかし、このシステムが普及していけば、例えば技術の習得に関して格差が生まれやすい高校野球の分野で、どこでも高レベルのトレーニングができそうです。

今後、バッティングだけでなく、ピッチングや守備に関してもVRトレーニングシステムが開発されれば、さらにハイレベルなプレイが見られるようになるかもしれませんね。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む