VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

カメラ1つで骨格を検出!3Dで解析するAI骨格検出システム 「VisionPose Single3D」リリース

株式会社ネクストシステムは2019年9月9日(月)、WEBカメラで人間の骨格を検出するシステム「VisionPose(ビジョンポーズ)」シリーズの1つとして、カメラ1つで人間の骨格を検出する「VisionPose Single3D」を同日より販売開始したことを発表しました。


「VisionPose Single3D」について

「VisionPose Single3D(以下 Single3D)」は、人間の骨格を3Dで解析するAI骨格検出システムです。

WEBカメラで人間の骨格を検出するシステム「VisionPose(ビジョンポーズ)」シリーズの別製品であるVisionPose(Standard)では、カメラ2つを利用して3D骨格検出をするのに対し、Single3Dではカメラ1つで人間の骨格を3D骨格検出することができます。

また、Windows Unity向けのSDK(ソフトウェア開発キット)が追加され、ゲーム開発やVR・AR開発時などに利用しやすくなっています。

※iOS版は後日公開予定

「VisionPose Single3D」の特長

Standardがカメラ2つを利用して3D骨格検出をするのに対し、Single3Dはカメラ1つでの3D骨格座標の取得のほか、2Dでの骨格座標の取得にも対応しています。

※Single3DとStandardでは座標の原点が違います。

※Single3Dは腰が原点であるのに対し、Standardではカメラが原点です。

測定可能な部位

Single3Dで測定できる関節の部位は、3Dの場合で以下17箇所です。

Single3Dで測定できる関節の部位は、2Dの場合で以下30箇所です。

購入後すぐ使えるアプリやツール同梱

Single3Dは、購入後すぐに利用できる、下記のサンプルアプリとツールが同梱されています。

骨格可視化アプリ『BodyAndColor with MICHICO』

カメラ映像からリアルタイムに人物の骨格可視化を行い、3Dキャラクター(ネクストシステム社のバーチャル広報担当 ミチコ)を動かせるサンプルアプリです。

通常、モーションキャプチャを行う際はカメラを複数台用意し、対象にデバイスを装着する必要がありますが、アプリを利用すると、特別なデバイスは一切装着せずに手軽に体の動きを3Dキャラクターへ反映することができます。

動画・静止画解析ツール『VP Analyzer for Single3D』

手持ちの動画や静止画から3D座標での骨格検出が可能なツールです。



「VisionPose」とは

「VisionPose(ビジョンポーズ)」とは、WEBカメラのみで複数人の骨格深度情報を検出可能なAIエンジンを含む国内唯一のSDKパッケージ製品です。

ディーブラーニング(AI)による推論・解析を行い、リアルタイム映像だけでなく動画・静止画からも解析を可能としていて

・リハビリテーション支援用ロボットの姿勢確認機能

・スポーツのフォームチェックアプリへの利用

・工場や店舗での人の流れや動作の確認

・医療

・エンタメ

など、幅広い分野での導入実績があります。

用途制限がなく、買い切り型であるほか、画像や音声・文章など元々あるデータに対しその説明などの付加情報を設定するためのアノテーションツールを提供しているため、追加学習が可能な点も強みです。

最近ではVisionPoseを時系列データに対応させて特定動作を検出させるなど、骨格位置を検出するだけではなく、さらに発展させたソリューションも紹介されています。

想定される応用分野と社会性

骨格推定を用いたディープラーニングによる画像認識は、

・フォームチェックや採点補助などスポーツの動作解析

・監視カメラを用いた不審者の検知や急病人の検知

・消費者行動解析によるインサイト調査

・VTuberやアーケードゲームなどのエンタメ分野への応用

・保育園や介護施設での見守りシステム

のような利用用途が想定されています。

これらは骨格検出技術の発展により急速に開発が進められている分野の一例で、今後も幅広い分野で活用が期待されています。

VP利用例(野球)

VP利用例(ジム)

「VisionPose Single3D」製品概要

価格:398,000円(税抜)

WEBサイトVisionPose Single3D

パッケージ内容

・VisionPose Single3D本体

・VisionPose Single3Dマニュアル

・リアルタイム骨格可視化アプリケーション「BodyAndColor with MICHICO」

・動画・静止画骨格解析ツール「VP Analyzer for Single3D」

・3Dモデルデータを含むその他付属ファイル

まとめ

カメラ1つで人間の骨格を検出できて、3Dと2Dの場合では異なる座標が取得できることから、用途に合わせて利用できます。

動画・静止画どちらからも3D解析ができる上に、購入後にすぐ使えるアプリやツールが同梱されているのも魅力です。

今後もさまざまな分野での活用が期待されますね。

ソース:プレスリリース[@Press]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む