VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HoloModelにVR機能が登場!第一弾は仙狐さん!体験会も開催!

XR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリを制作する「Gugenka」は2019年9月17日(火)、スマホ向けARアプリ「HoloModel」にVR機能(β版)を追加したことを発表しました、

VR対応のデジタルフィギュア第一弾として「仙狐さん」を同日から販売しています。

また無料体験会が今年9月19日(木)~23日(月)に名古屋で開催されます。


HoloModelがVRに対応へ

Gugenkaが提供する「HoloModel」は、様々なアニメのデジタルフィギュアを飾ったり作り込んで鑑賞できるスマホ向けのARアプリです。

そのHoloModelに、VR機能がβ版として追加されました。

VR対応のデジタルフィギュアのみVR機能を楽しむことが可能で、対応フィギュアを一体購入するだけで

VR

AR

の両方で楽しむことができます。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

VRではPC用のVR機器で楽しむことが可能で、まるでアニメの世界にいるかのような目線を体験できます。

ARでは従来のデジタルフィギュアと同じで、スマホを通してキャラクターが現実世界から会いに来てくれたような感動を味わうことができます。

VR対応第一弾は「仙狐さん」

今回登場したVR機能の対応フィギュア第一弾として、アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」から、ヒロインの"仙狐さん"が発売されています。

仙狐さんを一体購入することで、アニメの舞台「中野の部屋」を再現したVR空間に仙狐さんが現れます。

VR機能は現時点でβ版のため、HoloModel VR特設サイトからダウンロードすることで利用できます。

2つのモードのうち「Figure Player」には

添い寝

膝枕

座布団

ベッド

の4種類のシチュエーションに合わせたポーズが収録されており、主人公の中野さん目線を体験することができます。

別売りのボイスを購入することもできるので、アニメの名シーンなどを体験することができます。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

「Figure Editor」では、従来のデジタルフィギュアと同じ操作でポーズや表情を作り込むことが可能で、VR空間上でやることによってより感覚的な操作で設定することができます。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

β版ではAR版のプリセットポースに当たる固定ポーズの呼び出しのみが実装されており、正規版のリリース後に細かな操作やセーブ機能等の機能が追加されていく予定がされています。

また既に販売されている他のデジタルフィギュアもVR対応予定となっています。

VR機能概要

VR版の概要:PC用VR機器

アプリ名:HoloModels VR

販売価格:アプリ無料、フィギュア別売り

対応機種:HTC VIVE/VIVE Pro/VIVE Pro Eye/Oculus Rift/Rift S

※VIVE Focusは2019年内対応予定

※対応機種は順次追加予定

HoloModel VR 特設サイト

仙狐さんの声も発売

VR、ARで利用できる「仙狐さん専用ボイス」も販売されています。

ボイスはアニメと同じ和氣あず未さんが担当しており、一度購入するだけで利用できるようになります。

アニメの名シーンなど全25種類のセリフが収録されており、ユーザーに優しく語りかけて癒やしてくれます。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

ARではボイススプレー(水色のスプレー)が使えるようになり、アニメの名台詞に合わせてフィギュアの口が動きます。

VRでは「Figure Player」に収録されている各シーンを音声つきで体験できるようになります。

なお、VRの場合はボイス再生時は固定ポーズとなります。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

ボイス例

今日も、おぬしはよく頑張ったのう。

良~く眠れば、明日はきっと元気になれる。さあ、ゆっくり休むがよい。

デジタルフィギュア「仙狐」ボイス販売ページ

ARで仙狐さんが現実世界に

AR機能では従来どおり仙狐さんが現実世界に現れるだけでなく、

手足や服

表情や指

などをミリ単位でポーズ設定できます。

大きさも等身大から卓上サイズまで自由自在に変更できるため、自分の部屋や机の上、外出先など好きな場所に設置していつでも側にいてくれるような体験を楽しむことができます。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

仙狐さんには、手に持たせるアイテムや「中野の部屋」を再現したオブジェクトなど15種類がセットになっており、中野のアパートを使えば実寸サイズで設置することで、VRのように中野さん目線を体験できます。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

さらにフィギュアが喋る「ボイススプレー(水色のスプレー)」に対応しており、別売りの専用ボイスを購入することでしゃべらせることも可能です。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

フィギュアはHoloModels webストアで販売されており、購入後HoloModelアプリと連携させることで遊ぶことができます。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

デジタルフィギュア「仙狐」販売ページ

デジタルフィギュア「仙狐」ボイス販売ページ



無料体験会を名古屋で開催

今回のVR機能追加に伴い、GraffArt Shop 名古屋店で今年9月19日(木)~23日(月)の5日間、「世話やきキツネの仙狐さん」の世界を体験できるVR体験会が開催されます。

体験会では今回発売された、デジタルフィギュア「仙狐さん」をHoloModel VRでプレイした一部のシーンを抜粋したコンテンツが体験できます。

もちろんボイスも実装されており、ちゃぶ台越しに仙狐さんが癒やしの優しい言葉を投げかけてくれます。

イメージ

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
©Gugenka®

開催概要

期間:9月19日(木)~9月23日(月)

時間:14:00~18:00

店舗:GraffAr Shop 名古屋店(愛知県名古屋市中村区椿町 21-5 桜木ビル5F)

料金:無料

詳細ページ

まとめ

ARフィギュアのHoloModelに、VR機能が追加されました。

その対応第一弾として、アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」からヒロインの仙狐さんが販売されています。

ARでは従来どおり現実世界に飾ることができ、VRでは主人公の中野さん目線で仙狐さんとのひとときを体験することができます。

さらにアニメと同じ声が収録された仙狐さんボイスも販売されており、AR・VR両方でボイスを楽しむこともできるので、VRではアニメにもあった"スーパー仙狐さんタイム"が圧倒的な没入感で体験できます。

ARで等身大サイズにして隣に置くと、アニメと同じく、思わず尻尾をもふもふしたくなりそうですね。

ソース:Gugenka発表

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

©Gugenka®









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む