VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【前編】「段ボールからプラスチックへ!任天堂が新しいラボVR用ヘッドセットの特許を出願」など注目記事を振り返り!!

週末恒例!

今週(9月13日〜9月19日)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「そういえばこんなこともあったなぁ」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①VIVE COSMOSの国内販売決定!9月20日より予約販売スタート!


HTC NIPPON株式会社は、新VRゴーグル「VIVE COSMOS」の日本国内での販売を発表しました。

発売に先立ち、2019年9月20日より予約受付が開始されます。

予約者にはお得な予約販売特典も付属します。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167709/

②自分のVRアバターでプレイ!DMMがVRゲーム「BOW MAN」リリース!

VRニュースイッキ見_DMMがVRゲーム「BOW MAN」リリース

合同会社DMM.comは9月12日(水)、ジャパニーズスタイルのVRシューティングゲーム「BOW MAN」を、Oculus Riftストアでリリースしました。

「BOW MAN」は、「DMM.com VR研究室」が始めて開発したゲームで、江戸時代の日本を舞台にした、カジュアルなVRシューティングゲームです。

人型3Dアバター規格「VRM」を採用しているので、自分オリジナルのアバターを使ってプレイできるほか、世界中のプレイヤーとオンラインで決闘を楽しむこともできます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167698/

③5G時代を見据えてARとVPS技術を活用!DGとKDDIがDXの実証実験を渋谷で実施

VRニュースイッキ見_DGとKDDIがDXの実証実験を渋谷で実施

株式会社デジタルガレージとKDDI株式会社は、渋谷の街のデジタル情報と、現実の渋谷の光景をスマートフォンアプリを通じて重ね合わせるデジタルトランスフォーメーションの実証実験の実施を発表しました。

今回の実験は、第5世代移動通信システム「5G」時代を見据えて実施されるもので、個人の趣向に合わせた施設やランドマークの回遊に最適なルートを提案する機能が搭載された、ARとVPSを組み合わせたアプリが用いられます。

実験の検証結果は、「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」をはじめとする、渋谷を起点とした様々な取り組みに活用されるものとみられています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167750/



④VRで4つの世界観が体験可能!Gugenkaが「バーチャルマーケット3」に出展!

VRニュースイッキ見_Gugenkaが「バーチャルマーケット3」に出展

ARフィギュアの「HoloModels」などのアプリで知られる「Gugenka」は、9月21日(土)~25日(火)に開かれる世界最大規模のVR展示即売会「バーチャルマーケット3」に出展することを明らかにしました。

バーチャルマーケットは、「仮想現実空間を発展させ、豊かにする」ことを目指してソーシャルVRサービス「VRChat」上で開催される3Dモデル等の展示即売会です。

Gugenkaのブースでは、「うたっておんぷっコ♪」、「ハピバト!」、「Q&A PROJECT」、「六天使(仮)」という新企画を含む、4つの世界が体験できる予定になっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167778/

⑤段ボールからプラスチックへ!任天堂が新しいラボVR用ヘッドセットの特許を出願

VRニュースイッキ見_任天堂が新しいラボVR用ヘッドセットの特許を出願

任天堂が特許庁にNintendo Switch用のVRキットの特許を出願していたことが判明しました。

海外メディアLet's Go Digitalが伝えるところによると、2018年に特許庁への出願内容は、段ボールからプラスチックに素材が変わり、顔に当たる部分も柔らかい素材を使うなど快適に利用できるものとなっています。

VRキットに関して不満点の多かった部分の解消となりますが、9月20日に発売開始のNintendo Switch Liteに対応しているかは現時点では不明です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167687/

まとめ

今週前半は機器やゲームなど新製品に関するニュースが中心となりました。

特に話題となっているのは、任天堂のSwitch用新型VRキットのニュースです。

現在のところ、任天堂から公式なコメントは未だ出ていませんが、任天堂のVRに対する本気度が伝わってくるものとしてVRユーザーの間で注目を集めています。

ラボVRキット専用のミニゲームやコンテンツの作成者向けのVRプラザも好評なことから、さらに扱いやすいVRキットの登場がVRにおける任天堂の勢力拡大で大きな意味をもちそうです。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む