VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

不動産CG・VR制作サービス「terior」に空室とステージング後を比較できる新機能登場!

不動産業界向けCG・VRサービスを運営するラストマイルワークス株式会社は2019年9月19日(木)、現在200社以上の企業が利用している「terior バーチャルホームステージング」にて、利用企業からの要望に応える形で、空室とステージングされた部屋を比較できるシミュレーション機能の提供を開始したことを発表しました。


バーチャルホームステージングとは?

実写のパノラマ画像にフルCGの家具を合成することで、手軽にホームステージングが可能です。

メーカーの家具を入れたり、複数のインテリアデザインを比較することもできます。

これまでバーチャルホームステージングは、高価格帯の物件での検討がほとんどでしたが、低価格化の実現により不動産の売買仲介、リフォーム、リノベーション関連業など幅広い業界で手軽に利用することができるようになりました。

新機能~シミュレーション機能について

バーチャルホームステージングを行なった画像を利用し、

空室の写真 と 家具を設置したステージング後の部屋の写真 を比較できる機能です。


teriorバーチャルホームステージングの会員であれば無料で利用可能です。

会員ページよりwebサイトに組み込むためのソースコードが自動生成されるため、自社ホームページにもシミュレーション機能を簡単に実装することが可能です。

シミュレーションのサンプルページ

▼テスト5

▼テスト3

通常の画像でも、パノラマ画像でも対応

VRコンテンツとしての利用するのではなく、通常の画像でも加工を行うことができるので、より多くのシーンでの利用が可能になりました。

※パノラマ画像のプレイヤーは2019年10月よりサービス開始予定です。

バーチャルならできる!

1枚8,800円からホームステージングができる

通常はステージングした部屋の撮影には、10~20万円ほどの予算が必要となりますが、バーチャルホームステージングであれば、1枚あたり1万円以下で作成が可能です。

入居中物件でもバーチャルならステージングができる


空室に家具を配置するだけでなく、家具が設置されている部屋の空室イメージを制作することもできます。

だから、空室になる前の入居中の物件でもバーチャルホームステージングができるのです。

不動産仲介業者としてバーチャルホームステージングを導入することは、競合他社との差別化、早期販売の促進、顧客満足度の向上、そして売却物件を預かりやすくなるといったメリットが考えられます。



不動産業界向けCGVRサービス「terior」について

「terior(テリア)」は不動産、建築、リフォーム・リノベーションなど住宅関連業界に特化したCGによる総合VR制作サービスです。

「terior」は、すでに200社以上の企業での利用実績があります。

リフォーム・リノベーション後の空間をバーチャル上に再現し、 改修後の空間を仮想体験できるコンテンツや、建設前の物件の内覧など利用者のニーズに合わせた最適なサービスを提供しています。

詳細:国内向け不動産CG・VR制作サービス「terior」

まとめ

リアルなホームステージングの場合でも売却までの期間や、売却価格に付加価値を持たせることができるなど、売る側にとってもメリットがあり、購入する側にとっては、実際に住むことをイメージしやすくなりますね。

実際にステージングするとなると費用がかかりますし、購入者に好まれる演出を施すのは難しいです。

しかし、バーチャルなら、費用も抑えられ、デザイン違いのイメージを複数用意することもでき、購入する側にとっては、いろいろな比較ができてありがたいサービスですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む