VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「VR進路相談会」開催!地方の高校生が現役東大生にVRで進路相談

VR・MR等を使ったブレインテックを展開する株式会社テンアップは、同社傘下の学習塾 典和進学ゼミナール(茨城県水戸市)にて、世界初となる「VR進路相談会」を開催することを発表しました。


「VR進路相談会」開催の背景

インターネットやスマートフォンが普及した現在も、地方や地域によっては教育格差や情報格差が生じています。

また、地方に在住する高校生にとって、遠方の大学のオープンキャンパスや説明会に行くことは費用や時間の点で大きな負担となっています。

さらに進路を希望する大学の現役大学生の「生の声」を聞いたり、直接交流する機会は極めて少なく、偏差値ランキングや合格判定によって進路を決めざるを得ない状況となっています。

その結果、ミスマッチが生じ、大学入学後に学習意欲を失ってしまったり、中退や無為な大学生活を送ってしまうことも見受けられます。

これは将来的に、就職や職業選択にも大きな課題を残す原因にもなりかねません。

今回のイベントは、そんな高校生の「現役大学生の生の声を聞きたい」という希望がきっかけで企画されました。

当日は、テンアップ社が独自開発したVR系コミュニケーションプラットフォーム「VR school」を利用して東京・本郷にあるテンアップ社「IQ Lab」から東京大学・一橋大学・慶應義塾大学・早稲田大学の学生が、茨城県水戸市にある典和進学ゼミナールの高校生にオンラインでの相談会を実施いたします。

今回、高校生の悩み相談に応じてくれる大学生は国立と私立の理系・文系の4名で、様々な悩みや質問に応えることで、参加者に多くの可能性を感じてもらいたいと考えています。

「VR school」とは?

「VR school」は、テンアップ社が独自開発したVR系コミュニケーションプラットフォーム。

オンラインでリアルタイムなコミュニケーションが可能なVRシステムで、大学の様子を撮影した360度画像を見たり、アバター機能を利用して高校生も大学生もアバター同士でコミュニケーションをするため緊張や恥ずかしさが少なく、お互いが本音で話せる環境を作りが可能です。

また、「VR school」は、webブラウザで動作するため、専用のアプリやヘッドセット等は不要です。

デバイスや使用環境に左右されずに、どこでも簡単にVR体験が可能となっています。



「VR進路相談会」イベント詳細

日時:2019年10月7日(月) 18時開始

開催場所:茨城県水戸市千波町1156 シンテンビル 典和進学ゼミナール内「mirai cafe」

参加者:茨城県水戸市近郊の高校生 約10名(主に1年生・2年生)

【スケジュール】

17:30 開場

18:00~18:40 オープニング

※東京・本郷のテンアップ社「IQ Lab」から動画でライブ配信

18:40~18:50 休憩

18:50~19:40 VR進路相談会

※「VR school」を使用して登壇大学生が高校生にVR進路相談を実施。

19:40~19:50 休憩

19:50~20:00 クロージング

※東京・本郷のテンアップ社「IQ Lab」から動画でライブ配信

今後について

今後について、テンアップ社は、同社の理念に共感する地方の学習塾にも「VR school」を利用したこのようなイベントやコンテンツを提供していくとしています。

情報格差が生じている地方・地域の子供たちの「夢」の実現のために貢献できればと考えています。

まとめ

情報があふれている社会ですが、遠方の大学を志望する高校生にとっては、本当に欲しい情報「在学生の声」はなかなか得られないのは実情です。

また、在学生の話を聞くだけなら、LIVE配信だけでもよさそうですが、同じVR空間でキャンパスの説明を受けたり、大学生活について話を聞くことは時間や空間も共有モニター越しに対面で話すのとは違った体験が可能で、「VR進路相談会」は有意義な時間となることでしょうね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む