VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

XboxがVR対応の可能性?MicrosoftがVR用感圧フロアマットの特許を出願していたことが判明

XboxがVR対応の可能性も?MicrosoftがVR用感圧フロアマットの特許を出願

2018年4月に提出され、2019年10月に入って米国特許商標庁によって公開された、Microsoftのフロアマットに関する特許がVR業界で大きな話題です。

VRヘッドセットと連携しセーフティーゾーンを設定・調整し、圧力と振動によってVRユーザーに危険を警告することことができるフロアマットで、VR体験をさらに向上させる技術になります。


MicrosoftのVR用フロアマットとは?

MicrosoftのVR用フロアマット

画像:VR Focus記事より引用

今回米国特許商標庁によって公開されたマイクロソフトの特許は、「バーチャルリアリティフロアマットアクティビティ領域」と呼ばれる技術です。

このフロアマットは圧力検知センサーと振動デバイスがついており、VRヘッドセットと連携してセーフティーゾーンを教えてくれます。

VRでゲームをしていると想像以上に体が動いてしまい、壁や家具にぶつかりそうにな理がちです。

そんなときにフロアマットで設定されたセーフティーゾーンからはみ出そうになると、足の裏が振動することによって警告してくれます。

ほとんどの6DoF(頭の動きと体の動きをトラッキングする技術)搭載のVRヘッドセットが、仮装フロアマッピングを使い画面上に警告表示が出るシステムを採用しているのと比べると、フロアマット技術はVR世界への没入の邪魔にならないものといえます。

さらなる応用の可能性も

フロアマットに搭載された圧力検知センサーによって、歩く動きをVRへ反映することができるようになるだけではなく、「ダンス・ダンス・レボリューション」のようなダンスゲームをステップを踏んでプレイすることも可能です。

また、今回のフロアマットはユーザーのVR体験をさらにリアルなものにする可能性も秘めています。

振動による触覚フィードバックによって砂浜や草原、舗装された道の感触を再現できるようになれば、よりVR世界に入り込みやすくなるとして注目されています。

MicrosoftのVRの現状

MicrosoftのVRの現状

画像:VR Focusの記事より引用

MicrosoftはHoloLens 2によってAR/MRの技術開発では順調な一方で、VRについては必ずしも成果が上がっているとは言いがたい状況です。

HoloLens 2は透過型のレンズを使っているため、没入型の体験であるVRに使うヘッドセットとしては向いていません。

また、XboxのVR対応について、ライバルのPlayStation VRが成功を収めているのと比べると出遅れているという印象があります。

特に、2016年には当時開発中のXbox One XにVRの導入を発表したものの、2年後の2018年に発言を撤回し、ユーザーを大きく失望させました。



次世代XboxがVR対応の可能性?

次世代XboxがVR対応の可能性も

2019年6月に行われたMicrosoftカンファレンスにおいても、「Project Scarlett」と呼ばれる次世代XboxのVR対応について何らの発表がなかったため、今後XboxがVR対応することはないと考える向きもあるようです。

しかし、今回の特許出願によってVRの目的に特化したフロアマットの開発をMicrosoftが進めていることから、MicrosoftはVRを諦めていないということもできます。

公開された画像の中にもXboxのようなものが映っており、次世代XboxがVR対応するのに合わせてVRフロアマットの開発が進んでいるのではないかと推測する人もいます。

まとめ

Microsoftが実際に次世代XboxをVR対応させるかどうかはまだ何の発表もされていないので憶測の域を出ませんし、今回のフロアマットが製品化されるかどうかも未定です。

しかし、Microsoftのような巨大な企業が本格的にVRに関する技術の開発に取り組んでいるというニュースは、VR業界にとって嬉しいニュースということができます。

もしかすると、VRに関してMicrosoftから大きな発表がされるのも近いかもしれません。Microsoftの動向からますます目が離せなくなりそうです。

参考:Microsoft Patent Application Details Pressure Sensitive Floor Mat For VR[VR Focus]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む