VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【前編】「VR内で現実の触覚を再現できる新型の人工皮膚を開発」など注目記事を振り返り!!

2019/10/12 13:00

VRニュースイッキ見_10月12日_前編

週末恒例!

今週(10/4〜10/10)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「見落としてた!?」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①誰でも有料VRライブ配信が可能に!「SHOWSTAGE β版」がアップデート

VRニュースイッキ見_「SHOWSTAGE β版」がアップデート

VR空間の生ライブプラットフォームサービス「SHOWSTAGE β版」がアップデートされ、新たなパフォーマーが有料配信ができる機能が追加されました。

SHOWROOM株式会社が10月3日(木)に発表したもので、パフォーマーたちがチケット制による有料ライブの配信や、有料ギフティングが行なうことができる機能です。

今回のアップデートに合わせて、10月6日(日)のバーチャルシンガーの吉七味。さんによる「お待たせ!てんきゅライブ!~歯が抜けても歌いきる!~』の生ライブを皮切りに多くのイベントが開催されることになっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-168490/

②ハセガワARがモノタロウと連携!190アイテム以上がARで試しおき可能に!

VRニュースイッキ見_ハセガワARがモノタロウと連携

通販サイト「モノタロウ」を運営する株式会社MonotaROは、長谷川工業株式会社が開発した業界初ARサービス「ハセガワAR」とモノタロウを連携させることを発表しました。

ハセガワARは、現実世界に原寸サイズの脚立やはしごをAR表示することによって、使いたい場所の高さやスペースを計らなくても最適な製品サイズを確認することができる、iPhoneおよびiPad対応のアプリです。

今回の連携により、モノタロウで取り扱い中の長谷川工業製の約190アイテムについて、商品ページに設置されたQRコードをハセガワARで読み取ることで、「実際に商品をおいたらどうなるのか?」を通して確認することができます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-168535/

③VR海中探索と体験型空間展示を体感!「さかなクンと秘密のラボ in サンシャイン水族館」開催

VRニュースイッキ見_VR海中探索と体験型空間展示を体感できる「さかなクンと秘密のラボ in サンシャイン水族館」が開催

2019年11月1日(金)~2020年1月13日(月・祝)の期間、サンシャイン水族館(東京・池袋)にて、VR海中探索と体験型空間展示を通して魚の世界を楽しむことができる「さかなクンと秘密のラボ」が開催されることになりました。

「VR海中探索」は、さかなクンの描いた魚たちが泳ぐ海の中を、深海・浅海と場所を移しながらさかなクンとともに大冒険し、さかなクンによる魚の解説も楽しめる約12分間のVRコンテンツです。

また、さかなクンが描いた、細部まで正確に描写された博物画のような魚の図や、研究メモが散りばめられた資料室を自由に見ることができる体験型展示「さかなクンの研究室」も設置されます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-168577/



④懐かしのRPGをVRで体験!ターン制コマンドバトル「クインズナイト」体験版配信へ

VRニュースイッキ見_ターン制コマンドバトル「クインズナイト」体験版配信

2019年10月5日(金)、年内にリリースが予定されているVR専用ターン制コマンドバトルRPG「クインズナイト」の体験版が配信開始されました。

「クインズナイト」は、Piecenote制作のVRターン制コマンド入力RPGで、「ポリゴンで再現された中世の世界観」や「昔ながらのターン制コマンド入力のバトルシステム」など、初代ドラクエのような世界をVRで体験することができることで話題となっています。

今回の体験版でプレイできるのはゲーム本編の冒頭部分で、「城の中を探索して人々と会話をする」「城の外へ出てモンスターとバトル」といったことを体験することができるとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-168620/

⑤VR内で現実の触覚を再現できる新型の人工皮膚を開発

VRニュースイッキ見_VR内で現実の触覚を再現できる新型の人工皮膚を開発

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームが触覚フィードバックを提供する新型の人工皮膚を開発したことが明らかになりました。

「SPAスキン」と呼ばれるこの人工皮膚には皮膚の変形を検知するセンサーと空気を送り込むことで膨張・収縮させることができる膜層で形成されていて、振動によって触覚を再現することができます。

現在は医療・リハビリ分野での活用を中心に開発が進んでいる状態ですが、研究チームの中心人物によるとVR分野での活用も視野に入れてよりウェアラブルな形になるようにさらに研究・開発を進めていきたいとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-168466/

まとめ

今週は新しいコンテンツに関するニュースが中心でした。

そんな中で、大いに話題になったのが触覚を再現することができる人工皮膚(SPAスキン)のニュースです。

この技術がxR分野で応用されれば、

・そこにAR表示されているオブジェクトを触ることができる

・VR世界で風に吹かれたり、水で濡れたりした感触を感じることができる

・VR世界の魚や動物と触れ合える

など今週話題になったニュースでも取り上げたxRコンテンツでの体験がさらに先に進むことになります。

SPAスキンに対応した魅力的なコンテンツが多く出てくれば、さらにxR技術の普及も進みそうですね。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む