VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

RPG風のVR動画で工場内を見学!「ジェネリッQ」Youtubeで公開!

大阪市の製薬会社・沢井製薬株式会社は2019年10月17日(木)、同社の工場をRPG風に見学できるVR動画「ジェネリッQ~工場で6つの秘密を探せ~」を、YouTubeで公開していることを発表しました。


「ジェネリッQ~工場で6つの秘密を探せ~」とは

今回発表された「ジェネリッQ」は、沢井製薬の関東工場をRPG風の動画で見学ができるVR動画。今年9月2日(月)から配信されています。

斬新なゲームアプリや広告・Webサイト制作を手掛けているカヤック社が企画・制作をしており、視聴者は沢井製薬の公式キャラクター「ジェネちゃん」と一緒にクイズに答えながら工場見学を楽しむことができます。

この動画は、工場内の6つの秘密を解き明かすRPG風の動画になっており、PCやスマホなどで見ることができます。

360度全方位・様々な画角から見ることが可能で、スマホ対応のVRゴーグルを使えばまるで本当に工場内にいるかのように感じられます。

また本動画の楽曲は、作曲家の永井カイルさんが担当しています。

製薬現場をVRで見学

本動画はVRで沢井製薬の製造の現場を360度全方位から見ることができるもので、単に見学するだけでなく90年代初頭のRPGを彷彿とさせるストーリーで、製薬工場に関する知識を学ぶことができます。

視聴者は勇者となり、王様の病を治す「サワイジェネリック」を探すように命じられ、動画内で出されるクイズに答えながらその薬を探していきます。

実際の工場の映像とドット絵を織り交ぜた映像となっており、ゲームの主人公として工場見学を楽しむことが可能です。

イメージ

ストーリーある日王様に呼ばれた勇者は病を治す「サワイジェネリック」を探すようにとクエストを授かる。ジェネちゃんをお供に6つの秘密を解き明かす冒険が始まるのであった。勇者とジェネちゃんは無事にクリアできるのか・・・。

結末は思いもよらない展開へ・・。




出演者は全て沢井製薬のスタッフ

本動画に出演している人たちは全て沢井製薬のスタッフで、2013年3月に建設された同社の関東工場で撮影されています。

イメージ

関東工場管理課を中心にここで働く30名以上のスタッフが撮影協力しており、クイズの出題や解答に合わせて

大きく身振り手振りをしたり

表情を変えたり

と、様々な演技をしています。

関東工場 瀬尾昭平さんのコメント

「撮影場に立つと緊張しましたが、とてもいい経験ができました。」

クリーンな製造環境では8回の着替えも

ここ関東工場では、年間35億錠もの製品を安定的に供給するために、製造ラインの自動化や無人化を積極的に進めたりと、クリーンな製造環境を整えています。

そんな工場の薬を製造するクリーンルームに入るには、つま先から頭まですっぽりと覆う専用の作業着の着用が必須です。

撮影でも作業着を着用しますが、ゾーン毎に違う種類の作業着を着用するなど撮影中に着替えた回数は合計8回、所要時間は合計2時間もかかっています。

また360度を撮影するため、映り込みしないようにタイミングを合わせて机などの陰に隠れる必要があるなどがあったということです。

イメージ

6つのクイズを通してゲーム感覚で学べる

VR工場動画「ジェネリッQ」はその名の通り、“Quiz(クイズ)”を解きながら工場見学を進めていく動画です。

RPG要素を取り入れることにより、

工場内部に入る入口の秘密

1時間で作られる薬の数

など、工場見学をVR上で体験をしながら、楽しく学ぶことが可能です。

イメージ

まとめ

沢井製薬の工場見学ができるVR動画「ジェネリッQ」がYoutubeで配信されていることが発表されました。

この動画はRPG風に進んでいく動画で、昔懐かしいドット絵と実写が混じった構成になっています。

視聴者は勇者となって王様の薬を探す為に、工場内で6つのクイズに答えながら進めていくというストーリになっており、BGMも合わせてゲーム感覚で製薬工場に関する知識を学べるようになっています。

工場内を見られるVR動画を作るのは同社史上初ということで、なかなかお目にかかることができない、貴重なVR動画とも言えそうですね。









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む